ホステス歴10年のおかげで幸か不幸か札束を見慣れてしまいました、二宮ゆみです。

一流メンズ養成所ともいえるクラブで、たくさんの「イイ」男性を見てきました。今回はその方たちのお話を少し、ご紹介しますね。

■一流の男に目立つ特徴10

一流の男性というのは、何か共通点があるものなのでしょうか?

「朝の時間を大切にしている」など、もっともらしいことを並べたいのですが、彼らが朝をどう過ごしているかなんて聞いたことがないので、今回は割愛(笑)

個人的に「スゴい人だなあ」と感じた方には、あまり共通点がないのが特徴ともいえます。

マネできないからスゴい人なわけで、そんな簡単にカテゴライズできるワケがないのです。

とはいえ、今回は、特に印象に残った一流の男の特徴を挙げていきます。

◇(1)誰にでも礼儀正しい

礼儀に関しては大きく差が出る場所でしたが、ホステスにも紳士に対応してくれた方が多い印象です。

挨拶、お礼を言う、目を見て話す……とかそんな類の話です。

「誰でもできるよ(笑)」とおっしゃる方もいるかもしれません。

そう、誰にでもできるんです。

ただし、ホステスにはセクハラ三昧するのに上司にヘコつく方や、電話の対応は素晴らしいのに黒服に怒鳴りつける方……、そんな男性って意外といるもの。

当たり前のことを「誰にでも」するって、実は難しいことです。

◇(2)支払いがスマート

実際に支払いをどうされているかまで確かめたことはありませんが、支払いがスマートです。

まとめて払うか、逆に気持ちよくご馳走になっているかのどちらかで、お支払いをモタモタされている方は皆無でした。

◇(3)パワーの使い方をまちがえないこと

パワーは、経済力、政治力、筋力、精力……いろいろあります。

一流の人はその道のプロの方も多いので、「~力」が長けている方が多いのですが、一番大事なのは、その使い方をまちがえていないことですね。

たとえば、経済力。

札束でほっぺを叩くようなゲスな行為をする方はやっぱりお下品で、三流の飲み方しかできません。

◇(4)ストイックであること

現状に満足されてる方もセミリタイアされた方も、知識に対していまだに貪欲であったり、今後はコレにチャレンジしたい、みたいな話が出てきます。

何かにこだわっている人が多かった印象です。

ログハウスは買わずに自分で建てちゃったとか、車は手間を惜しまずやっぱりマニュアルだとか、出汁は自家製! とか。

お金で解決できるのに、あえてしないという方もいらっしゃいました。

男らしさを感じますよね。

あ、なぜかトライアスロンをされている方も多かったですね……。

◇(5)お尻が上がっている

お年をめしていてもお尻がプリっとしている。

これは文句なしにステキです。足も長く見えますしね。

ある意味では一流ですが)ムキムキの筋肉一辺倒みたいな人じゃなく、いい感じに締まっているカラダを保っている方です。

これは、自己管理がしっかりできているという証拠ですよね。

このタイプの方は、下半身もなかなかにお元気です。

下半身が元気だからお尻がプリプリなのか、お尻がプリプリだからバイタリティに溢れているのか、どちらが先なのかは定かではありません。

◇(6)深酒しない

(5)と同じく、自己管理の類です。

一流の男性というのは、お酒は好きだったとしても、ご自身がたくさん飲まれる、というイメージはあまりありません。

まわりの方が不快にならないように、合わせて飲んでいる感じでしたね。

◇(7)誘惑に強い

甘い誘惑に負けることなく、意思が強い方が多い印象です。

女性だったり、お金だったり、目の前の誘惑にうっかりつられると、人生を棒に振ってしまう可能性だってあり得ます。

誘惑にうっかり負けちゃうかわいさもほしいところではありますが……わがままですね(笑)

◇(8)フットワークが軽く、ノリがいい

たとえば、自家用ヘリで、「さっき福岡から戻って来たよー。ラーメン食べに行ったんだ」程度は、割と頻繁に耳にするエピソードでした。

クルーザーいいなあ、乗りたいなあ」のひと言には、「じゃあ明日おいで、乗せてあげる」だし、「え、私も行きたーい!」というホステス数人と、急きょお正月ラスベガスに連れて行ってもらったこともあります。

このタイプの方と知り合うと、割と恩恵にあずかれて最高においしい思いができます。

その節は大変お世話になりました(笑)

◇(9)ドシッとした落ち着きがある

ノリのいい方がいる一方で、いかにも「い、一流だ……!」と、こちらが軽くふるえてしまいそうな重厚な雰囲気をまとった方もいらっしゃいます。

念能力が使えたらきっと、輝くオーラを視認できたんでしょう。

彼らは堂々としていて、落ち着きがありましたね。

頼りになりそうな感じがひしひしと伝わってきました。

◇(10)場面ごとへの適応力がスゴい

たとえば、彼らはクラブがどんな場なのか、完璧にわかっています。

私たちが楽しませてもらってるのかな? と勘違いするほどに、「一流」がいる卓って大体盛り上がって楽しいんですよね。

一方で、お連れの方は「仕事ではあの人オニだよ(笑)」と評していたり。

チャンネルを切りかえられる適応力も一流でした。

■一流の男の身だしなみ・持ち物とは?

一流の男の身だしなみ・持ち物。気になりますよね。

一流の人は必ずコレを持っている! というモノが、「共通項」と同じくあまりないんです。

ユニクロパーカーでラフに訪れた若者が、「ヘリに乗ってきた」とかいってプラチナカードを出す時代ですからね……。

なので、こちらも印象に残ったモノをご紹介していきますね。

◇(1)手入れの行き届いた靴をはいている

コレはね、絶対です。

上記のユニクロパーカーの彼も、某ハイブランドのスニーカーでしたから。

足元って人の目にとまりやすい部分だ、って彼らはもちろん知っています。

知らない人、知っていてもケアしない人……いろんな人がいますが、手入れの行き届いた靴はね、一流だろうと平凡OLだろうと、みんなやったほうがいいです。

やらないと、一気にイメージがだだ下がりです。

・靴の汚れは拭うこと
・ツヤのある靴を鈍らせないこと
・安くてもいいから、頻繁に買い替えること

この3つは、社会人になったら特に気をつけましょう。

「よく目が行くところを清潔にできる」=「人に嫌な印象を与えない」ってことですね。

◇(2)使い捨てアイテムが少ない

昔なら、100円ライターじゃなくて、ジッポ

毎年ファストファッションじゃなくて、マッキントッシュを5年着るなど。

基本的に「いいモノを長く」志向の方が多かった気がします。

あと、モノを大事にする人は、パートナーのことも大事にする印象があります。

彼らは奥様や彼女の存在を公言して、あからさまにノロケていました。

きっと素晴らしい方なんだろうなあって、聞いているこちらもほんわかしましたね。

◇(3)スーツの着こなしがキレイ

高いスーツを着ていたら、キレイに着こなせるのなんて当たり前じゃん、と一笑に付すことは簡単です。

しかし、高くても「なんか、安っぽく見えない?」って言いたくなる方、めっちゃいますから……。

一流の方は、

ネクタイスーツと合っているか?
・シャツは首と袖がフィットしてるか?
・そもそもスーツが体にフィットしているか?

これら全部合格の方が、多いです。

スタイリストでもついているんでしょうか、って思うくらいに。

たまに「楽なのがいいから」と、ゆるめのスーツにされているおじいちゃまもいらっしゃいましたが、こういった方のスーツは、一見して「めっちゃ高そうな生地」でした(笑)

◇(4)パートナーの写真

もしくは愛情、といったところでしょうか。

お子さんがいらっしゃれば、待ち受けは家族写真だったりしましたし、「オレの奥さん、かわいいよ」と好きを隠さない態度が印象的でした。

プライベートが充実していると、仕事に邁進できるんですね。見習いたいものです。

◇(5)姿勢がいい

 

上記のように、私は「イイ女になりたくば、まず姿勢」と、再三お伝えしておりますが、男性だって、「イイ姿勢」が大事です。

姿勢次第で、「背中をキレイに」「肩を広く」「首を長く」「背を大きく」見せることができます。

ハツラツとした印象も受けますね。

私の覚えている限り、猫背で下を向いて腰を丸めている「一流」には出会ったことがありません。

■一流の男が選ぶ女性の特徴とは?

一流の男性が選んだ女性に、残念ながら私はお目にかかったことがないのですが、彼らの言葉から見えてきた特徴をご紹介します。

◇(1)ドレスが似合う女

外資ってよく家族連れパーティとかありますよね。

よく私も離婚したてのお客様に、「来月、社長が来日して家族同伴パーティに来るんだけど、離婚したって言ってないんだ……嫁のフリして来てくれない?」などと言われたことがあります。

イベント時にはパートナーも一緒に参加するのが当たり前だったりすると、ドレスや着物の似合う、艶や色気のある女性が選ばれそうですよね。

一流には、アイドルのようなかわいさより、艶っぽさのある吉永小百合様です。

◇(2)上品な所作

品がない人って、どうしても所作にそれがにじむんですよね。

どんなにイイ女をきどっていたって、背中を丸めてひじをついてお食事していたら、「えぇ……?」って首をかしげたくなります。

長年しみついた行動を直すのは、簡単なことじゃないもの。

だから、所作って大事なんです。

それと、清潔さ、明るさ、健康も同じくらい必須です。

清潔さはもちろん、卑屈な「イイ女」はいませんし、一流に見合う女性は自らの健康状態もきちんと管理できるはずです。

最低限パートナーに迷惑をかけない、という意味でも、上記はかなりの重要ポイントです。

◇(3)学ぼうとする意識

一流の男はハンパない経済力がありますので、その気になれば家政婦だって雇えるし、お寿司だってお家で握ってもらえます。

なので、パートナーに対し「家事を完璧にこなせ」だの「自立しろ」だのということはまずありません。

ただ、たとえばよくお客様が来るおうちなら、テーブルコーディネートを習ってみたり。

海外からよくお友だちが訪ねてくるなら、お茶を振る舞えるようになってみたり。

必要だと気づいたら、学ぶ。コレ大事な気がします。

その場その場で必要なおもてなしや気遣いができるマインドの方だと、彼も喜ぶのではないでしょうか。

■本物の一流と出会い、愛されるために知ってほしいこと

では、そんな一流の本物のイイ男はどこに隠れているのでしょうか。

低確率ではありますが、もしかしたらココにいるんじゃない? というところを少しご紹介します。

合わせて、「そんな彼にあったらどうすべきか」も、おせっかいながらご提案してみました。

◇(1)アプリでの遭遇率は激レア

まず、アプリにはいないと思ってけっこうです(笑)

もし、アプリの条件検索から一流をあぶりだそうと努力しているなら、その情熱を「タッキーの誕生会に呼んでもらう」ために傾けるほうがよっぽど建設的です。

どうあがいてもタッキーとお近づきになれない場合は、少しずつ自分のまわりの合コンレベルアップしていくか、声をかけてもらえるすべての案件に耳を傾けること。

ちなみに、合コンレベルアップ、ちゃんとできていますか?

「あー、ないわー、今回ないわー」と、すぐあきめていませんか?

合コンは、わらしべ長者です。

今回参加してくれた男性のうしろに、金脈が隠れているかもしれないし、彼の友だちの友だちが一流の男かもしれません。

チャラすかしたお金持ちがイイ人を連れてきたりも、ごくまれにするんです(実体験)。

ゴルフワイン会やバーや歌舞伎バレエや絵画鑑賞に行ってまで、偶然の出会いにがんばれないなら、せめて「脈を広げる努力」をしましょう。

女友だちに「誰かイイ人いないー?」と、ボヤいているうちは、一流どころか気になる人にすら出会えません。

◇(2)物腰は柔らかく

女性らしく、を声高にいうつもりはありませんが、無理してガサツを演じるより、たおやかな女性として生きたほうが何かと得です。

「イイ女いるよ」と、一流の男の友だちがあなたを紹介してくれる、かもしれません(笑)

◇(3)内面に目を向けられる

「お金があるからこそ、お金じゃないとこで見てほしい」これも、一流の男性からよく聞くひと言です。

よく美人が「顔じゃないところで判断してほしい」っていう、あのムカつく勝ち組の理論ってやつです。

私は稼ぎだって魅力のひとつだと思っていますが、目をギラつかせてかぶりつきにいく下品な女性ばかりの相手をしていたら、疲れてしまう気持ちもよくわかります

一流の男です、稼ぎだけではなく、内面だってステキなはず。

あまりフューチャーされにくいそちらに焦点を当てると、きっと彼も喜んでくれますよ。

■一流を知り、一流になる

めったにお目にかかることがない「一流の男」の印象に残った点をご紹介させていただきました。

彼らは柔軟性に富み、多様性を受け入れる寛容さがあったステキな方たちでした。

いちホステスである私にやさしくしていただいたこと、ずっと感謝しています。

私たちも、彼らのステキな精神の爪の垢を煎じて飲んで、もし一流の男性に出会うことがあったら、内面をしっかり理解し、凝り固まった勝手な理想像を押しつけず、お金の力に目をくらませず……(笑)

人として、異性として、いいお付き合いをしたいものですね♡

(二宮ゆみ)

※画像はイメージです

「一流の男」の10の特徴