オリックスに対して「いい打者揃い。初球の入りに気をつけたい」

ソフトバンクオリックス(5日・ヤフオクドーム

 ソフトバンクアリエル・ミランダ投手が5日のオリックス戦に先発する。左膝痛から復帰した4月28日日本ハム戦では4回1/3を2失点で負け投手となったが、本拠地で汚名返上の投球を目指す。

 ここまで4試合に登板して1勝2敗と黒星が先行しているミランダ。痛めた左膝の状態は「100%回復している」と語り「チームの勝ちにつながるピッチングをすることが一番。前回の登板はケガ明けの一発目でいろいろと確認しながらだったが、今回はいつも通りのピッチングができると思う」と力を込めた。

 オリックスとは5日が今季初対戦となるが「いい打者が揃っている。初球の入りに気をつけながらやっていきたい」と警戒。5日は工藤公康監督の誕生日だが、それを聞いたミランダは「100%の投球をして花を添えられたら。監督に勝ちを届けられたらいいね」とほほ笑んだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンクのアリエル・ミランダ【写真:藤浦一都】