000

 スターウォーズシリーズの初期からずっと登場しているR2-D2は、ナブー王室専用機に備え付けられた宇宙船や電子機器のオペレートを主目的としたアストロメク・ドロイドである。

 そして今、新たなる使命をもって地球にやってきたようだ。

 ドイツツヴァイブリュッケン大学の構内の見晴らしのいい大地には、巨大なR2-D2型の天文台が立っている。R2-D2を通して宇宙や星を観察することができのだ。

―あわせて読みたい―

スターウォーズのホログラム投影が簡単に作り出せる。遠隔地で撮影した映像を3D転送するマイクロソフトのデバイス「ホロポーテーション」
スターウォーズのフィギュアを実社会の風景に溶け込ませた、リアルスターウォーズの世界
スター・ウォーズ好きな学者たちがスターウォーズにちなんで名づけた17種の新種生物
米海兵隊員がそのカメラを通して撮影した臨場感溢れるスターウォーズフィギュアの戦闘写真
うおおおおお、フォースが高まるぅ!2019年にオープン予定の「スター・ウォーズ」ランドの詳細が続々と明らかに!


Star Wars in Zweibrucken: R2D2 hat einen grosen Bruder

SWファンの教授がこれまでの天文台をバージョンアップ

 このR2D2は、大のSFファンであり、この大学でスタートレックスターウォーズの講義を行っているウーベルト・ズィット教授が、彼の義理の父であるホルスト・ヘラや画家のクラウス・ラフィン、何人かの学生に協力してもらい、これまでの天文台をバージョンアップさせたものだ。

ツヴァイブリュッケン大学にあった今までの展望台

2018年9月にR2D2へと進化した天文台

 世界中に根強いスターウォーズファンがいる。この天文台はSNSで話題となり、更に、ルーク・スカイウォーカー役である俳優、マーク・ハミルさんがツイートしたことで爆発的に拡散されていった。

今ではスターウォーズの聖地の1つとなり、続々とファンが訪れているという。




written by どくきのこ / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273962.html
 

こちらもオススメ!

サブカル・アートについての記事―

アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第37回:子がっこと猫たち
お金(インセンティブ)で人から創造性を引き出せるか?(アメリカ・イタリア共同研究)
醤油を注ぐと歌舞伎の隈取が浮かび上がる!「歌舞伎醤油」皿が大人気すぎて品切れ状態。再入荷受付中!
アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第36回:いぶり家の猫事件簿
ご子息の健やかな安全を願って・・・ケブラー素材の防弾パンツで股間を完全にプロテクト!

―知るの紹介記事―

「イラクのハルク」の異名を持つ超絶筋肉のあの男がついに総合格闘技に参戦。ブラジルのハルクと対戦するだとぅ?
パスタをおいしい器にアレンジ!何を入れるかは自由自在、「パスタの巣」のレシピ【ネトメシ】
イギリスの河川に生息する淡水エビの体内から、コカインなどの違法薬物が検出される
アメリカが月に立てた6つの星条旗は今どうなっているのか?
「あの子に会いたいニャ」 向いの建物に住んでいる猫に恋した猫の想いをかなえるべく、飼い主が仲介に。作戦大成功!
見晴らしの良い大地に巨大なR2D2が立つ。スターウォーズの世界を閉じ込めたドイツの天文台