プジョーの新しいフラッグシップサルーン「508」が上陸した。近年、プジョーセダンといえば、広い車内スペースと小気味よい走りを兼備しつつも、ルックスはちょっと地味。真面目なクルマという印象が強かった。

それがどうだろう。新しい508ではデザインの方向性を一新。中でも見どころは流麗なフォルムで、ルーフ後半からリアピラーにかけての流れるようなラインは、率直にいって美しい。なぜプジョーは、これほど大胆に舵を切ったのだろうか?

コレなら欲しいぞ!大胆デザインのプジョー「508」がセダンに革命を起こす