親であればだれしも我が子の幸せを願うであろう。「辛い治療を受けている娘とできるだけ多くの時間を過ごしたい。仕事を続けながら、なんとか娘の力になれないものか…」米高校で務める男性教師のそんな願いを叶えてくれたのは、同じ州で働く教師たちだった。『Good Morning America』などが伝えている。

米アラバマ州在住のデイヴィッドグリーンさん(31歳)とメーガンさん(29歳)の娘キンズリーちゃんは2018年10月22日、生後11か月の時に急性リンパ性白血病と診断された。それから6か月間、病院で3回の化学療法を受けたキンズリーちゃんは、あと2回の化学療法を受けた後に退院する予定になっている。しかしその後も2年間は通院が必要で、同じ治療を続けなければならない。

キンズリーちゃんの父デイヴィッドさんはマディソン郡ハンツビルにあるメイ・ジェミソン高校で歴史を教えており、フットボールコーチをしている。キンズリーちゃんが化学療法を受ける時は仕事を休み、可能な限り娘と一緒の時間を過ごしてきたものの、3月中旬には病気休暇を全て使い切ってしまった。

キンズリーちゃんが入院する病院は自宅から2時間もかかるため、母のメーガンさんは仕事を辞めざるを得なかった。メーガンさんはつらい胸のうちをこう明かした。

「娘の治療はとても辛いものです。小児がんの研究はまだまだこれからで資金不足も問題となっており、キンズリーは大人と同じような化学療法を受けているのです。この治療による痛みや合併症も深刻で、私とデイヴィッドの2人でキンズリーのケアをしなければなりません。夫が病気休暇を使えないと、勤務ができない日の給料が支払われないばかりか、治療代をカバーする保険料の支払いも滞ってしまいます。」

考えた末にメーガンさん3月20日Facebookで夫の同僚らにこう呼びかけた。

「アラバマ州の教師で、病気休暇を寄付してくれる方を探しています。キンズリーは父親のデイヴィッドが大好きです。娘がこれからもできるだけ多くの時間を父親と過ごすことができるように、ご協力していただければありがたいです。」

この投稿への反響は予想をはるかに上回った。寄付はデイヴィッドさんと同じ高校の教師からだけでなく、アラバマ州で教鞭をとる人々から集まり、合計110時間にもなった。メーガンさんは病気休暇を寄付してくれた人々に対し、Facebookを通してこうしたためた。

「家族で一緒にいる時間を与えてくれてありがとう。家族で普通の生活を送ることができること、そして無償の愛に感謝しています。言葉では言い表すことができないほど、多くの恩恵を与えてもらいました。本当にありがとうございます。」

メイ・ジェミソン高校のレイチェル・マクダニエル校長は「グリーン先生はとても熱心な教育者であり、素晴らしいコーチです。家族が大変な時でもしっかりと仕事をこなし、他の教師も彼の前向きでポジティブな姿勢にインスパイアされているほどです」と語り、デイヴィッドさんの人となりを絶賛している。

キンズリーちゃんは4月18日に3回目の化学療法を受けたばかりで血小板の数値が低く、現在は一日おきに輸血を受けている。吐き気があり食欲もほとんどないようで感染症の危険もあり、体調は決していいとは言えないようだ。しかしキンズリーちゃんの回復を信じているのは、両親だけではない。多くの人が励まし、キンズリーちゃんを応援している。キンズリーちゃんが一日も早く退院し、元気になることを祈るばかりだ。

画像は『Megan Saindon Green 2019年3月20日Facebook「David is officially out of sick days at work.」』『Good Morning America 2019年4月30日付「110 sick days donated to teacher whose 1-year-old is fighting cancer: ‘Thank you for allowing us to be a family’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト