乗るだけでオンナ度アップ! 背伸びしてでも大人の女性が乗るべき美人クーペ6選

余裕こそが大人の女性を作り出す

 ナニをもって「大人の女性」と感じるかは、ソリャ人それぞれ意見があって然るべきだと思います。立ち居振る舞いが美しいとか、他人を思いやれるとか、自分の言動に責任を持つとか、もちろんファッションセンスが磨かれている、ボディメンテナンスがきちんとされている、なんてことも条件に挙がるでしょう。

 でも、ここで1つだけ確実だと言い切れるのは、それらすべてに共通すること。そう、“余裕”があるということです。時間、心、経済的にも余裕があってこそ、大人の女性はつくられる。そう思うのです。

 そんな条件をクルマに当てはめてみると、“余裕”といったらもうクーペしかありません。その気になれば5人乗りにだってできるボディを、大人2人、もしくは4人のための贅沢な空間に仕立てあげ、実用性を少し犠牲にしてでも美しいデザインを突き詰め、ただただ気持ちよく走るという快楽のために、先進技術を惜しみなく投入する……。そんなクーペは、大人の女性にこそ乗って欲しいクルマです。

 とはいえ、最近は日本市場からどんどんクーペが消えています。新車で購入できるのは、もうわずか。サーキットを攻めるようなスポーツクーペではなく、女性をより魅力的に見せてくれるようなエレガントなクーペは、瀕死状態と言っていいでしょう。とくに、日本の自動車メーカーでは。だから今のうちに、女性たちにはぜひクーペというドレスを纏ってみて欲しいということで、少ないなかからも厳選してご紹介したいと思います。

1)レクサスRC

 まずは比較的手の届きやすい価格帯で、思いっきり優雅なドライブができる希少な国産プレミアムクーペ、レクサスRCです。レクサスにはLCというフラッグシップクーペもあるのですが、RCはそれよりひとまわりコンパクトで、市街地でも扱いやすいのにデザインは流麗なのがいいところ。

クーペ

 5リッターのV8エンジンから3.5リッターのV6エンジン、2.5リッターハイブリッド、2リッターの直4ターボと豊富なバリエーションで、パワー重視でも燃費重視でも、お好みで選べます。女性からはよく「ボディカラーがキレイ」と褒められるレクサスなので、自分らしいカラーを選べば乗るたびにテンションが上がりそうですよね。

クーペ

2)日産フェアレディZ

 そして、名前からして「淑女」というくらい、美しい外観にこだわっている日産・フェアレディZ。初代が1969年に誕生してから50周年を迎える、歴史あるモデルです。モータースポーツでの活躍も記憶に新しいので、スポーツカーとしてのイメージが強いかもしれませんが、運転してみると一般道ではそんなにハードな感じはなく、意外に女性にも乗りやすくフィットします。

クーペ

 インテリアはちょっとスポーティでメカメカしい雰囲気ですが、外観がちょっと甘めな分、室内が硬派でギャップ萌えする女性も多そう。

クーペ

 走りだすと、3.7リッターのV6エンジンが高回転まで軽やかに吹け上がり、五感に訴えかけてくる感じでどんどん楽しくなってくるので、病みつきになっちゃうかも。出かけるのが好きなアクティブな女性に、ぜひ乗ってみて欲しいですね。

クーペ

3)アウディA5

 さて、ここからは輸入車です。まずは独特の色香と先進性を併せ持つ、アウディA5。ほどよくエッジの効いたデザインは、ドライバーがちょうど全長の真ん中に座るようになり、スリムで小顔に見える効果バツグンの黄金バランス

クーペ

 もちろん走ってもそのバランスの良さは発揮されて、高速道路でも山道でも、街中や渋滞の中でさえ、クルマとの一体感が常に感じられて、なんだか走っているだけでスッキリしてくるような。大人の女性とはいえ、時には心が折れるようなこともあると思うけど、そんな時もドライブするだけで晴れやかになれそうです。

クーペ

 そして何より、乗り心地がもう極上。RS5などハイパフォーマンス仕様はちょっと硬めになっちゃいますが、標準モデルならいつでもゆったりとしたドライブができると思います。

クーペ

経済的に余裕があるなら最高に美しい空間の選択も

4)メルセデス・ベンツCクラスクーペ

 続いては、こちらもエレガントさと先進性を併せ持つ、メルセデス・ベンツ・Cクラスクーペ。セダンに負けない400リットルと大容量のラゲッジルームを持ち、ゴルフなどのレジャーに気兼ねなく使える実用性があるのも魅力で、六本木や大阪にある「メルセデス・ミー」などではゴルフウェアやバッグなど、多彩なオリジナルグッズも売られていて人気です。

クーペ

 またCクラスクーペは、ネイルをしていて爪に気を使う女性でも握りやすいドアノブやスイッチ類、乗り降りのしやすさなど、女性視点でのクルマづくりが進んでいるので、無意識のうちにストレスを感じることなく、いつも心地よく乗れるのではないかと思います。そうした気遣いも、大人の女性に似合うクルマには必要ですよね。

クーペ

5)ジャガーF-TYPE

 そしてお次は、ファッションのお手本としても何かと注目され続ける英国を代表するブランド。昔も今も憧れの的といえば、ジャガーですね。そのジャガーから登場したコンパクトクーペのF-TYPEです。アーモンド型のヘッドライトがちょっぴりキュートで、ジャガーの中では比較的フレンドリーな印象なので、女性が乗ってもイヤミな感じにならないのがいいところ。

クーペ

 2人乗りで、室内はややタイトでレーシングな空間ですが、すべてが「美しく速く走る」ために計算されているので、そこがまたクール

クーペ

 2リッターの直4エンジンでも300馬力を発生する走りは、ちょっと刺激的でスカッとすることでしょう。こういうクルマを涼しい顔で乗りこなす、そんな女性には本当に憧れますよね。自分をワンランク押し上げるために、ちょっと背伸びをしてF-TYPEにトライするというのも、きっと素敵な未来が待っていると思います。

クーペ

6)アストンマーティンDB11

 では最後に、もしアナタが経済的に余裕をお持ちなら、一生に一度は乗らないともったいない。そう薦めたいクーペがアストンマーティンDB11。映画「007」のボンドカーとしても有名なDB9の後継モデルです。お値段が2000万円オーバーなので、そうそう誰にでも手が届くクーペじゃないですが、だからこそ、その条件をクリアできる女性にはぜひ選んで欲しい!

クーペ

 だってドアを開けた瞬間、夢のような世界が待ち構えているはずなのです。クルマにはなかなかない色使いや、天井までぐるりと丁寧に張り巡らされた上質なレザー、センス抜群で細やかなステッチ。どれ一つとっても、手抜きの仕事はないと言い切れるほどで、そんな空間に身を置くだけでも、意識が変わって女性はどんどん磨かれていくのではないでしょうか。

クーペ

 エンジンスタートボタンシフトボタンなど、意外な場所にあるのもまたサプライズ。4リッターのV8ツインターボエンジンは、思わずウットリと聴き惚れてしまいそうなサウンドと共に、時に優しく時に激しく、心の赴くままに操らせてくれます。人によっては、走る楽器、最高の相棒、無心になれる唯一の場所など、きっと女性にとって欠かせない存在になってくれると思います。ああ、DB11に乗れる女性は本当に幸せ者!

クーペ

 というわけで、最後はちょっと妬みも入ってしまいましたが(笑)、最初から完璧にクーペが似合う女性というのは、そうそういるものではありません。みんな、少し背伸びをしてクーペに乗るうちに、似合う女性になっていくものだと思います。

 クーペには紙パック飲料が入るドリンクホルダーもなければ、ボックスティッシュが置ける収納もないし、ロールサンシェードや折りたたみテーブルなんてもってのほか。だから、運転しながらダラダラと甘いジュースを飲むなんてことをせず、休憩がてらにカフェに立ち寄ったり、誰かとの会話を優先したり、考え方やライフスタイルまでシフトしていきます。そうするうちに、オンとオフをしっかり分けられるような、時間にも所作にも優雅さが生まれるような、いい女が出来上がっていくのではないでしょうか。今の自分に嫌気がさしている、自分を変えたい、という女性にはとくに、クーペにトライしてみて欲しいと思います。

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

クーペ

乗るだけでオンナ度アップ! 背伸びしてでも大人の女性が乗るべき美人クーペ6選