卓球(wsantina/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

先月30日、茨城県高萩市の中学3年になる女子生徒が自殺した。その中学生が残したメモには、部活動の顧問の信じられない言動が書き記されていた。6日に記者会見を行った高萩市教育委員会を、しらべぇ編集部が直接取材した。

 

■保護者からの連絡で発覚

自殺した女子生徒が残していたメモは、保護者が発見。1日に校長に連絡したが、そこに記されていたのは彼女が所属していた卓球部の顧問による暴言の数々だった。

「いいかげんにしろ」「ばかやろう」「殴るぞ」「殺すぞ」など 、部活動とはいえ教育の現場で許されない言葉だ。顧問は、こうした暴言を部員全体に発していたという。また、部員の肩を小突いたり、道具を床に投げつけたりといった行為も。

 

 

■今年3月に匿名の相談

女子生徒は、今年3月に部活動に出られなくなり、その直後、教育委員会に匿名の相談があった。教育委員会は、校長に事実関係の調査を依頼。顧問が不適切な指導を認めたために、校長が指導を行った。

女子生徒が自殺した後、父兄からの報告があったために、校長が顧問から事情を聞いた。顧問は、「3学期のスタート時には、不適切な指導は止めた」と答えているという。

■教育委は第三者委員会を設置予定

教育長は、「行き過ぎた指導で、限りなく体罰に近い」という認識を示している。学校側は、昨日に保護者説明会を実施。

教育委員会はしらべぇ編集部の取材に対して、「今週中に全校生徒へのアンケートを実施したい。そして、今回の件を調査する第三者委員会を、可能な限り速やかに設置したい」と回答した。

校長は、この顧問に対して1日から部活動の指導を自粛させているという。

 

■ネット上では批判の声

ネット上では、顧問に対する批判の声が、多数上がっている。

「学校は子供を脅迫する場所のようだ」

 

「辞めたいけど辞めようとしたら、さらに罵倒されるだろうから、楽になる為に死を選ぶ。 気持ちは分かる」

 

「教師の人間性がまず問われるべきなのに、日本では立場や力関係で弱い人に、 結果的にしわ寄せが行く構造変えないと何事も変わらないと思いますよ」

 

「これは顧問の名前公表してもいいと思うんだけど何で伏せてるんだろう? そういう隠蔽体質が不信感を益々増長させるって教育委員会は分からないのかな?」

 

「不適切どころじゃない殺害予告

 

顧問の教諭だけにとどまらず、教育委員会に対しても批判の声が目立つ。

 

■身近な自殺のリスク

平常ではない精神状態に追い込まれてしまったとはいえ、取り返しのつかない自殺という行為。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,332名に「自殺」について調査したところ、20〜30代では、3人に1人が「本気で自殺を考えたことがある」と回答している。自殺は、すぐそこにある大きなリスクなのだ。

教育者であるならば、まだ成長途中にある子供たちの心の弱さも推し量り、指導する必要がある。「殺すぞ」と脅す教師に大切な子供を安心して預けられる親がいるだろうか。

早急な第三者委員会の設置と、全容の解明が待たれる。しかし、失われた大切な命はもう戻らない。

・合わせて読みたい→ミスに怒り80周走るよう部員に命令→熱中症で救急搬送 大津市中学校顧問に怒りの声

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年3月24日2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

卓球部顧問に「殺すぞ」と言われた女子中学生が自殺 教育委は第三者委員会を設置へ