現在、ユーチューバーとして活動しているアイドルグループ・夢みるアドレセンスの元メンバーの京佳と、私立恵比寿中学の元メンバーの廣田あいかがアップした動画がアイドルファンの間で賛否を集めている。

 問題となっているのは、5日に京佳がアップした「私たちは間違っていたのでしょうか?【廣田あいか】【京佳】」という動画。廣田が京佳の家を訪れ、2人が食事をしながら語り合うというその動画の中で、先月21日に夢みるアドレセンスを卒業したばかりの京佳が「私辞めたんだけど」と唐突に切り出し、「ずっと2人で『辞めたい、辞めたい』言ってたよね」と笑い合う場面があった。また、廣田から「どうですか? 辞めて変わりました?」と聞かれた京佳は、「なんも。(現役当時から)遊んでたからね」とコメントしていた。

 また、廣田がアイドルの定義について、「誰でもよくなっちゃった」と持論を語ると、京佳は「正直、誰でもなれる」ときっぱり。廣田も「『アイドルどうやってなれますか?』って聞かれますけど、親の許可だけ」と自身らのアイドル観に言及し、京佳は自身がアイドルになった経緯について、「やらされてた」と言い放つ一幕も。

 さらに、アイドルの恋愛について、京佳が「アイドルって恋愛絶対ダメみたいなのあるじゃん。それって別に正直さ、過去10年以上流行ってる大きなグループプロデューサー様が『うちのグループは恋愛禁止』って言ってたから(アイドル全体が)恋愛しちゃダメみたいな」と話すと、廣田も「ファンの人もアイドルは恋愛しないものだってなってる。そこの始まりだから。(ファンも)恋愛してる気分になりたいんやろ」と分析していた。

 これらの発言について、ネットからは「アイドル時代好きだったからこそ、こんなこと言わないでほしかった」「アイドル辞めたいって言ってた人を推してたって思うとむなしい」「アイドル辞めた後に実はこう思ってた〜とかカミングアウトするのめちゃくちゃカッコ悪い」といった批判の声が集まってしまった。

 しかし一方、動画の中で京佳が「最初はやらされてたけど、どんどんやりがい出てきて楽しかった」と話したり、廣田が「(アイドル時代に)学ばせていただいたことがある、めちゃくちゃ」と、アイドル時代を肯定する発言をしていたことから、「アイドル肯定してるし、別にいいんじゃない?」「普通の女の子ってところが見れてよかった」という擁護の声も多々見受けられた。

 アイドルである2人を応援していた多くのファンにとって、今回の発言はショッキングに感じてしまったようだ――。

記事内の引用について
京佳公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCJJ67U_HM7-o_zQ01J49v4w

京佳公式ユーチューブチャンネルより https://www.youtube.com/channel/UCJJ67U_HM7-o_zQ01J49v4w