令和フィーバーが始まって市場は令和ブームに乗っかった「令和商品」が続々と誕生し度々ニュースで話題となっております。その影響で企業もこのビッグウェーブに乗らない手はないということでブームに乗り遅れないよう令和商品企画等を考えるという令和フィーバースパイラルが生まれたわけですが、このブームもそろそろ沈静化の方向です。

SNSで、令和離れの深刻化

さて当サイトでもこの令和ブームを報道するために多くの商品やブームを追いかけてきたが、もはや毎日のように令和に関するニュースが飛び込んでくるので、手に負えない状況ではあります。

そもそもこのブームは「平成最後の・・・」のフィナーレから「令和」に続きそしてゴールデンウィークというなんとも上手いタイミングフィーバーが続き、毎日が年末状態のお祭り騒ぎです。少なくとも菅官房長官の令和発表からもう1ヶ月近くお祭り騒ぎというわけです。

企業側も「令和対応」に従業員は嫌気が差し、ネットでもSNS等で若者は「もういい」「疲れた」「早く終わって欲しい」という「令和疲れ」の声も寄せられており、今後「令和離れ」が更に深刻化する恐れもあります。

GWの終了とともにしばらく休みもなく、そして5月病とともにこの令和ブームも一旦落ち着くのかもしれません。

一時期名前にも「令和」を入れる赤ちゃんが続出しておりましたが

ブームは一過性だからありがたみがあるのかもしれませんね。

画像掲載元:写真AC



画像が見られない場合はこちら
若者の「令和離れ」が深刻化。そろそろ疲れた・・・平成がいい。