S30からZ34まで、50年間・6代にわたるフェアレディZが勢ぞろい

●ADVANオールフェアレディZミーティング in 富士スピードウェイ2019(5月5日開催)

日本を代表するスポーツカーフェアレディZ1969年に発売されました。その起源であるフェアレディ2000アメリカ市場で好評だったことを受け、オープンカーではなくクローズドクーペとして生まれ変わったのが端緒。その歴史は2000年から2002年までの間に一度途切れましたが、今でも6代目のZ34型が継続販売されています。実に50年もの間、作り続けられているわけです。

初代S30型のオーナークラブである「S30Z CAR.jp」が主催して、Z生誕50周年を祝うミーティングが、5月5日富士スピードウェイで開催されました。ミーティングはZ生誕40周年である2009年から続けられている、由緒あるイベント。毎回、フェアレディZの開発者やレーシングドライバーを招いた豪華なトークショーも行われ、Zファンにとっては年に一度のお祭りなのです。

今回は50周年ということもあって、全国から1410台もの歴代フェアレディZが集まりました。会場である富士スピードウェイには専用の入場口が設けられたのですが、ミーティング会場のCGパークまで行列ができるほどの大盛況。すべてのZが会場に並んだのはお昼前でした。
詳細画像はこちら

このイベントは事前登録なしで、フェアレディZオーナーなら誰でも参加できるのが人気の秘訣です。前身であるSP/SRフェアレディから最新のZ34型までが富士スピードウェイ最大の駐車場CGパークを埋め尽くした模様をお伝えしましょう!

詳細画像はこちら
9時の開会式が終わるとスペシャルゲストによるトークショーが始まりました。今回は元レーシングドライバーの桑島正美さん(右)、柳田春人さん(左から2番目)、現役ドライバーの柳田真孝さん(左)のほか、IKURAさんが登場。
(初出時、横山剣さんが来場されたとの記載がございましたが、IKURAさんの誤りでした。訂正してお詫びいたします)

詳細画像はこちら
続くトークショーでは日産自動車GT-RフェアレディZ統括責任者の田村宏志さん(中央)による裏話や今後の開発についてのお話が聞けました。

詳細画像はこちら
初代S30型のチーフデザイナーである松尾良彦さんもトークショーを行ないました。クルマ好きらしく会場を散策する姿が印象的で、ファンの声に応えて快くサインをしてくれました。

詳細画像はこちら
アメリカのIMSAを走った300ZXが特別展示され、なんと運転席に乗り込んで写真撮影できるサービスまでありました。ドアがないので窓からアクロバット的に乗り込みます。

詳細画像はこちら
フェアレディZの前身であるフェアレディ1600や2000も参加が許可されています。やはり多いのは最終モデル2000、SR311型。中には希少な3人乗りのSP311もありました。

詳細画像はこちら
初代S30で国内トップグレードだったのがフェアレディZ432。スカイラインGT-Rと同じS20DOHCエンジン搭載車で、こちらはなんと軽量化されたレースベースのZ432-R!

詳細画像はこちら
初代S30の中では一番人気の240ZGばかりがズラリと並びました。純正のZGだけでなく、アフターパーツでカスタムしたクルマもある模様。

詳細画像はこちら
ホイールと車高以外はオリジナリティが高い240ZG。ロングノーズとランプカバー、それに前後のオーバーフェンダーが特徴。

詳細画像はこちら
詳細画像はこちら
240ZGに70年代の日産ワークス製だったLYヘッドを組み込み、なんとツインターボ化しちゃった驚きの1台。熱対策のため、ボンネットはダクトだらけになっています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら
ZG風にカスタムれたイエロー240Zですが、ボンネットから何やら風変わりなエンジンが見える。近づけば、コルベット用V8エンジンが載せられていました。アメリカで人気のスワップなのです。

詳細画像はこちら
アメリカで販売されたものの国内には導入されなかったS30最終の280Z。大型バンパーグリル内のウインカーなど、当時の仕様が色濃く残されています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら
人だかりができていて何かと近寄ると、OS技研が70年代に作ったL型6気筒用DOHCヘッド、TC24の復刻版が始動していました! 迫力のエキゾーストノートに観衆も大興奮。

詳細画像はこちら
詳細画像はこちら
2代目のS130も数多く参加していましたが、その中で一番目立っていたのが、このスーパーZレプリカドラマ西部警察』の劇中車を再現してガルウイングドアやバルカン砲台を装備。

詳細画像はこちら
ボディがフルカスタムされてS130の面影はボンネットとルーフくらいになった1台。しかもエンジンオーストラリア用に存在したRB30をターボチューンしてあります。

詳細画像はこちら
3世代目のZ31型にチューニングしたRB26DETTをスワップ。R32GT-R用リヤメンバーを移植してハイパワー化に対応。なんとエアコンもしっかり使えるとか!

詳細画像はこちら
80年代に人気だったKaminariエアロをまとったZ31型。しかもベース日産自動車50周年を記念したアメリカでの限定車で、リヤのオーバーフェンダーが特徴です。

詳細画像はこちら
前後のオーバーフェンダーリップスポイラーが印象的なZ31には、スカイラインGT-R用のRB26DETTエンジンが載せられていました!

詳細画像はこちら
よくオリジナルを残しているZ32型最終モデルかと思いきや、ドアをシザースタイルに変更しています! 90年代当時はシザードアのキットがあったものですが、こういう意外性がイイ。

詳細画像はこちら
Z32型といえば国産初の280psマシンですが、こちらはスカイラインGT-R用のRB26DETTチューニングしてスワップ。改造するなら純正のVGよりRBエンジンが有利なのです。

詳細画像はこちら
こちらもRBスワップかと思ってエンジンルームを見れば、なんとトヨタの名機2JZが載っていました。チューニングベースとして大人気のエンジンだから、メーカーさえ気にしなければ面白いクルマになるのです。

詳細画像はこちら
おとなし目に見えるZ32ですが、よく見れば前後に初代S30風のオーバーフェンダーを装着しています。やっぱりZといえばこのスタイルにトドメをさすのです!

詳細画像はこちら
Z33型350ZのVQ35エンジンをフルチューンブロックを補強して264度VVTi付きカムシャフトやTD06SHタービンを2基装着。エンジン搭載位置まで変更したモンスター

詳細画像はこちら
カスタムペイントショップの飴色工房が持ち込んだ、まるで戦闘機のようなリベット模様にされたZ33型。これに追いかけられたら逃げ出したくなります。

詳細画像はこちら
テレビでも紹介されたことがある、人工芝をボディに貼り込んだZ33型も参加。人と同じじゃ納得できない人にピッタリのカスタム。

詳細画像はこちら
この日参加したクルマの中で、恐らく最も低い車高だったZ34型。大胆なボディワークですが、段差があったら乗り越えられないほど。

詳細画像はこちら
意外にも少なかったのが痛車。会場では唯一と言ってよかったのがこのZ34型です。フェアレディZ乗りには痛車はあまり人気がないのか、それほど注目されていなかったのが不思議。

(文/写真 増田 満)

1410台もの歴代フェアレディZが集合! Z生誕50周年を祝うミーティングは大盛況!!(http://clicccar.com/2019/05/07/806904/)