2018年における中国のネットワーク上の著作権産業市場の規模は前年比16.6%増の7423億元(約12兆2500億円)に達した。2006年から現在に至るまで、中国のネットワーク上の著作権産業は10年以上連続で急速に成長し続けており、中国の著作権産業の振興を促進する柱のような存在であり、中国のデジタル経済の発展を牽引する重要な力となり、世界のネットワーク上の著作権産業においても重要な役割を果たすようになっている。法制日報が伝えた。
中国国家版権局のネットワーク上の著作権産業研究拠点がこのほど北京で発表した「中国のネットワーク上の著作権産業の発展報告(2018)」は、中国のネットワーク上の著作権産業の主な特徴や発展の動向を分析、解説している。
■有料コンテンツ市場の規模が3686億元に
これまで中国のインターネット上では、著作権を侵害するコンテンツが多く存在していたものの、ここ約10年で大きく改善され、各企業は正規版を利用した運営を行うようになり、ユーザーにも正規版を有料で利用するという意識が芽生えてきた。ネットワーク上の著作権産業では、ユーザーからの料金徴収と広告費というビジネススタイルがすでに確立されている。中国国内外で変化に富む年となった2018年、中国のネットワーク上の著作権産業は積極的に構造調整やコンテンツの質の向上、海外市場への進出、新興技術の採用などを進め、2017年に6364億5000万元規模だった同市場は、2018年に約1000億元増加し、安定した急速な成長を実現した。
報告によると、産業構造と利益確保のスタイルの分野で、2018年には一部変化が生じ、オンラインニュースメディアオンラインゲーム(eスポーツを含む)、オンライン動画(アニメを含む)が依然として産業の三大柱となっており、同3分野だけでネットワーク上の著作権産業のシェアの85%を占めているものの、ショート動画やライブ配信などの新業態が飛躍的な発展を遂げており、利益確保のスタイルが少しずつ確立され、市場のシェアに占める割合も顕著に高まり、ネットワーク上の著作権産業の構造の多元化を促進している。特に、ここ数年、爆発的人気となっているショート動画産業は、ユーザーの利用時間が急速に増えているのを背景に、成長幅が300%と非常に大きくなり、その他の業態を大きく突き放している。オンラインライブ配信のユーザーアクティブ度はやや落ちているものの、ライブ配信技術が、細分化された各分野に一層溶け込むようになっており、オンライン教育、ゲームライブ配信などが台頭するようになっている。新型業態も、従来の業態との融合を深めており、ゲームライブ配信や音楽・ショート動画、VR/ARゲームなどの分野で新たな成長の原動力が出現している。
2018年、中国のネットワーク上の著作権産業の有料コンテンツの市場規模が前年比15.8%増の約3686億元(約6兆820億円)に達したことは特に注目に値する。2016年と比べると、3年の間にその規模は約1500億元増加し、有料コンテンツを利用するユーザーの規模が、市場全体に占める割合も2016年の44%から2018年には約50%に増加した。2017年と比べると、以前、有料コンテンツユーザーの規模拡大を主に牽引していたオンラインゲームライブ配信の成長ペースが鈍化しているのに対して、オンライン動画やデジタル読書の分野は、有料コンテンツの運営の強化が続き、一層ハイクオリティーオリジナリティーあるコンテンツが提供されるようになり、ユーザーの有料コンテンツを利用したいという意欲を高め、リピーターも増えている。
オンラインショート動画がダークホース
報告は、「オンラインショート動画は、2018年の『ダークホース』」とし、そのユーザーは6億4800万人、市場の規模は195億元(約3217億円)に達している。ショート動画はユーザーの利用時間が伸びているという優位性が武器になっている。ビックデータプラットホームQuestMobileの統計によると、モバイルインターネットの利用時間全体に占めるショート動画の利用時間は2016年の1.2%から18年には11.4%にまで増加した。市場規模の飛躍的な拡大の主な原因は、ユーザーの利用時間が伸びていることにあるというわけだ。その他、オンラインショート動画は、その他のネットワーク上の著作権業態と融合を深め、共に成長するというスタイルが顕著化している。ビックデータプラットホームのTrustDateの統計によると、ショート動画は断片化や臨場感が強いという特徴があり、ネットユーザーの79%がショート動画を通して、ニュースや情報を取得し、70%がショート動画を通してミュージックビデオを見ている。
報告は、「2019年は中国のネットワーク上の著作権産業の発展にとってカギとなる年で、中国は長期にわたって、著作権保護の体系の構築を力強く進めてきたため、産業の発展の強固な基礎ができている。ユーザー著作権に対する意識は明らかに高まっており、有料コンテンツの利用規模も拡大を続けており、産業の成長に新たな原動力を添えている。中国のネットワーク上の著作権産業においてオリジナルの優良コンテンツが増え、技術・商業スタイルの革新が続くにつれ、同産業は今後も安定して急速に発展する見込み」と予想している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

2018年における中国のネットワーク上の著作権産業市場の規模は前年比16.6%増の7423億元に達した。資料写真。