「東京インターナショナルバーショー2019」に伝説のバーマン来日!
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、本年8回目を迎えるバー業界最大級のイベント「東京インターナショナルバーショー2019」に、伝説のバーマンであるチャールズシューマン氏を迎え『シューマンズ バーTOKYO』を2019年5月11日(土)、12日(日)の2日間限定で開店する。

シューマンズバーイメージ
シューマンズ バーTOKYO』では、ミュンヘンにある『シューマンズ バー』のイメージを再現し、「ニッカカフェ ジン」「ニッカカフェ ウォッカ」「余市」「宮城峡」「カンパリ」などの商品を使用した、『シューマンズ バー』ならではの8種類のカクテルを提供予定。

【東京インターナショナルバーショー2019】
http://tokyobarshow.com/index.html

酒類・バー業界注目のビッグイベントBarShow(バーショー)」は、世界各国でその地域の名前を冠して開催されており、業界内外問わず世界中で注目のイベントとして盛り上がりを見せている。日本では2012年から「東京インターナショナルバーショー」として開催されている。
■開催日時: 5月11日(土)~12日(日)
11時開場、18時試飲時間終了、18時半終了
■会場:    東京ドームシティプリズムホール
文京区後楽1-3-61
■主催:    一般社団法人 カクテル文化振興会
■協力:    一般社団法人 日本バーテンダー協会
        一般社団法人 日本ホテルバーメンズ協会

チャールズシューマンプロフィール
チャールズ・シューマン氏


映画『シューマンズ バー ブック』(原題: Schumanns Bargespräche/英題: Bar Talks by Schumann)(2017年)に登場する、世界的な伝説のバーテンダー。

独南部ミュンヘンで人気のバー4軒を営み、1991年に発行したカクテルレシピ本「シューマンズ バー ブック」は、各地のバーテンダーにすり切れるほど読み継がれてきたと言われている。

そんな彼がニューヨークやパリ、ウィーン、東京、ハバナなどに足を運び、トップ級のバーやカクテルを通じて各地のバー文化を探ったドキュメンタリー映画が『シューマンズ バー ブック』。

1982年ミュンヘンに「シューマンズ バー」をオープン。爆発的な人気のバーとなり、地元や海外のアーティストが来店し有名店になった。

当時、バーと言えばホテル内にあるのが通例で、一般的には敷居が高かっただけに、気軽に入れて食事もできる路面バーとして一躍人気に。「有名人が来店しても特別扱いはせず、どの客もみんな等しく同じサービスを受けられるバー」(シューマン)をモットーに、77歳の今もカウンターに立つ。
 
                      以上

配信元企業:アサヒビール株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ