プロ野球平成31年間をデータで振り返る第2弾は野手編。

 平成元年1989年)から31年(2019年4月30日までの記録からそれぞれのベスト10を集計。1492試合連続フルイニング出場のギネス記録を持つ金本知憲本塁打、打点、安打、得点、四球などで「8冠」と圧倒した。


 金本知憲たまたま平成の時代に現役の始まりと終わりが全うできただけ。ただ、大卒の選手にしては長くプレーできたというのはある。数字に関しては引き算じゃなく、足し算だからね。努力半分、やり残したこと半分って今でも思うよ」

 試合数、三振など4部門で1位となった谷繁元信が並みいる強打者を押しのけて敬遠四球1位となったのは、投手の前の打順で歩かされることが多かったと想像できる。イチローの打率.353は突出しており、さすがの一言。バント川相昌弘、盗塁の赤星憲広などは納得の1位選出だが、赤星は盗塁死ではランクインしておらず、成功率も高かったことがわかる。犠飛の新井貴浩など意外?と思えたり、懐かしい選手の名前が出てきたり。平成を彩ったバッターの活躍を、データでお楽しみください。

平成の打率
1.イチローオリックス).353
2.青木宣親ヤクルト).329
3.ローズ(横浜).325
4.小笠原道大(中日).310
5.マートン(阪神).310
6.内川聖一ソフト).306
7.松井秀喜(巨人).304
8.鈴木尚典(横浜).303
9.カブレラソフト).303
10.和田一浩(中日).302
【注】3000打数以上

平成の試合数
1.谷繁元信(中日)302
2.金本知憲(阪神)257
3.立浪和義(中日)247
4.石井琢朗(広島)241
5.新井貴浩(広島)2383
6.中村紀洋DeNA226
7.山崎武司(中日)224
8.福浦和也ロッテ223
9.荒木雅博(中日)222
10.稲葉篤紀日本ハム221

平成の打席数
1.金本知憲(阪神)10431
2.谷繁元信(中日)10336
3.石井琢朗(広島)9967
4.立浪和義(中日)9630
5.中村紀洋DeNA)9048
6.新井貴浩(広島)8799
7.鳥谷敬(阪神)8582
8.宮本慎也ヤクルト)8486
9.阿部慎之助(巨人)8471
10.稲葉篤紀日本ハム841

平成の打数
1.金本知憲(阪神)8915
2.谷繁元信(中日)8774
3.石井琢朗(広島)8638
4.立浪和義(中日)8380
5.新井貴浩(広島)7934
6.中村紀洋DeNA)7890
7.荒木雅博(中日)7639
8.稲葉篤紀日本ハム)7578
9.宮本慎也ヤクルト)7557
10.小久保裕紀ソフト)7474

平成の安打
1.金本知憲(阪神)253
2.石井琢朗(広島)243
3.立浪和義(中日)240
4.新井貴浩(広島)220
5.稲葉篤紀日本ハム216
6.宮本慎也ヤクルト213
7.小笠原道大(中日)212
8.前田智徳(広島)211
9.谷繁元信(中日)210
10.中村紀洋DeNA210

平成の得点
1.金本知憲(阪神)143
2.石井琢朗(広島)129
3.小笠原道大(中日)112
4.立浪和義(中日)1114
5.ローズオリックス110
6.小久保裕紀ソフト1091
7.中村紀洋DeNA107
8.松井稼頭央(西武)106
9.新井貴浩(広島)105
10.清原和博オリックス105

・合わせて読みたい→
平成のプロ野球、山本昌、斉藤雅樹を上回る5冠の投手とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/pitcher-representing-heisei/)

平成の二塁打
1.立浪和義(中日)472
2.金本知憲(阪神)440
3.稲葉篤紀日本ハム)429
4.松井稼頭央(西武)411
5.谷繁元信(中日)393
6.福浦和也ロッテ)388
7.新井貴浩(広島)387
8.小笠原道大(中日)385
9.福留孝介(阪神)383
10.小久保裕紀ソフト)381

平成の三塁打
1.村松有人ソフト)66
2.松井稼頭央(西武)65
2.川崎宗則ソフト)65
4.小坂誠(楽天)63
5.松田宣浩ソフト)58
6.秋山翔吾(西武)55
7.坂口智隆ヤクルト)53
8.石井琢朗(広島)50
9.稲葉篤紀日本ハム)49
9.福留孝介(阪神)49
9.鳥谷敬(阪神)49

平成の本塁打
1.金本知憲(阪神)476
2.ローズオリックス)464
3.清原和博オリックス)434
4.小久保裕紀ソフト)413
5.中村紀洋DeNA404
6.山崎武司(中日)403
7.阿部慎之助(巨人)399
8.中村剛也(西武)388
9.ラミレスDeNA)380
10.小笠原道大(中日)378

平成の塁打数
1.金本知憲(阪神)4481
2.小久保裕紀ソフト)3709
3.中村紀洋DeNA)3702
4.小笠原道大(中日)3687
5.阿部慎之助(巨人)365
6.新井貴浩(広島)359
7.ローズオリックス350
7.ラミレスDeNA350
9.稲葉篤紀日本ハム347
10.和田一浩(中日)345

平成の打点
1.金本知憲(阪神)1521
2.中村紀洋DeNA134
3.小久保裕紀ソフト130
4.新井貴浩(広島)130
5.清原和博オリックス129
6.ラミレスDeNA127
7.ローズオリックス126
8.阿部慎之助(巨人)126
9.山崎武司(中日)120
10.小笠原道大(中日)116

平成の盗塁
1.赤星憲広(阪神)381
2.荒木雅博(中日)378
3.松井稼頭央(西武)363
4.石井琢朗(広島)358
5.本多雄一ソフト342
6.片岡治大(巨人)320
7.糸井嘉男(阪神)288
8.小坂誠(楽天)279
9.村松有人ソフト270
10.緒方孝市(広島)268

平成の盗塁死
1.石井琢朗(広島)169
2.村松有人ソフト126
3.荒木雅博(中日)114
4.川崎宗則ソフト108
5.本多雄一ソフト107
5.大村直之オリックス107
7.野村謙二郎(広島)104
8.小坂誠(楽天)99
9.片岡治大(巨人)94
10.飯田哲也(楽天)92

平成の犠打
1.川相昌弘(巨人)517
2.宮本慎也ヤクルト)408
3.田中浩康DeNA302
4.細川亨ロッテ294
5.金子誠日本ハム292
5.今宮健太ソフト292
7.石井琢朗(広島)289
8.荒木雅博(中日)284
9.水口栄二オリックス279
10.小坂誠(楽天)267

平成の犠飛
1.新井貴浩(広島)81
2.福浦和也ロッテ)78
3.金本知憲(阪神)72
4.立浪和義(中日)69
5.阿部慎之助(巨人)67
6.内川聖一ソフト)65
7.松中信彦ソフト)64
8.和田一浩(中日)63
9.小久保裕紀ソフト)63
10.谷繁元信(中日)62
10.村田修一(巨人)62

平成の四球
1.金本知憲(阪神)136
2.清原和博オリックス113
3.谷繁元信(中日)113
4.立浪和義(中日)104
5.鳥谷敬(阪神)103
6.中村紀洋DeNA103
7.ローズオリックス)958
8.福留孝介(阪神)932
9.石井琢朗(広島)930
10.江藤智(西武)923

平成の敬遠
1.谷繁元信(中日)158
2.中村武志(楽天)105
3.イチローオリックス)98
3.金本知憲(阪神)98
5.カブレラソフト)95
6.ローズオリックス)77
7.阿部慎之助(巨人)76
8.落合博満日本ハム)72
9.小笠原道大(中日)68
10.西山秀二(巨人)66

平成の死球
1.清原和博オリックス160
2.村田修一(巨人)150
3.阿部慎之助(巨人)148
4.井口資仁ロッテ146
5.稲葉篤紀日本ハム138
6.中島宏之(巨人)133
7.松中信彦ソフト)118
8.谷繁元信(中日)114
9.城島健司(阪神)113
10.古田敦也ヤクルト)111

平成の三振
1.谷繁元信(中日)183
2.山崎武司(中日)171
3.金本知憲(阪神)170
4.新井貴浩(広島)1693
5.中村紀洋DeNA)1691
6.清原和博オリックス165
7.ローズオリックス165
8.中村剛也(西武)160
9.小久保裕紀ソフト151
10.村田修一(巨人)146

平成の併殺打
1.中村紀洋DeNA257
2.新井貴浩(広島)242
3.谷繁元信(中日)236
4.山崎武司(中日)230
5.古田敦也ヤクルト223
5.和田一浩(中日)223
7.村田修一(巨人)208
8.駒田徳広(横浜)198
9.ラミレスDeNA)192
10.内川聖一ソフト)190

平成捕手の刺盗塁
1.谷繁元信(中日)606
2.古田敦也ヤクルト428
3.中村武志(楽天)382
4.伊東勤(西武)355
5.阿部慎之助(巨人)348
6.矢野燿大(阪神)327
7.嶋基宏(楽天)312
8.城島健司(阪神)306
9.日高剛(阪神)305
10.細川亨ロッテ281

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

平成のプロ野球、イチローや松井より多くの部門でトップになった野手は?