株式会社日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀坂明弘)は新元号「令和」を記念して、「令和」発祥の地とされる太宰府の坂本八幡宮を訪れ、更に明治・大正・昭和・平成を振り返る日帰りバスツアーを発売しました。
ツアーではバス会社「昭和バス」を利用し、「令和」発祥の地とされる、話題の「坂本八幡宮」を訪ね、更に明治、大正、平成にちなんだ各所を巡ります。「坂本八幡宮」では現地ガイドの説明付でご案内いたします。

                        <商品概要>
                ★新元号記念タイムスリップ日帰りバスツアー

1.商品名
赤い風船「『令和』ゆかりの地 坂本八幡宮&門司港駅新駅舎見学と旧伊藤伝右衛門邸を巡る日帰りバスツアー
博多駅発着)

2.出発日 2019年5月31日(金)、6月9日(日)日帰り *発売中

3.「令和」~「明治」にちなんだ商品のポイント
1.「令和」発祥の地、坂本八幡宮をたずねます
新元号の引用元となった「万葉集 梅花の歌」が詠まれたとされる“令和発祥の地”「坂本八幡宮を訪ねます。当
ツアーでは現地のガイドが説明します。

2.「平成筑豊鉄道」の田川後藤寺駅の駅舎を車窓からご覧いただきます
石炭で栄えた「炭都」としての面影が残る駅です。

3.「昭和バス」を利用します
昭和12年創立、佐賀県を代表する「昭和バス」を利用してのツアーです。

4.「大正」時代のネオ・ルネッサンス様式、門司港駅新駅舎と大正ロマン・昭和モダンが調和する「門司港レト
ロ地区」を散策します
大正3年にドイツ人技師ヘルマン・ルムシュッテルの監修により建造され、鉄道駅舎として初めて重要文化財に
指定されました。本年3月10日リニューアルオープンしました。

5.「明治」30年代に建造された「旧 伊藤伝右衛門邸」をたずねます
筑豊の炭鉱王と呼ばれた伊藤伝右衛門と歌人柳原白蓮が過ごした邸宅です。アールヌーボー調のマントルピー
ス、イギリス製のひし形ステンドグラスのある応接間など芸術的技法を取り入れた邸宅で、飯塚市の有形文
化財、庭園が国の名勝指定を受けています。

4.旅行代金 おひとり様:4,980円

5.募集人員 各日31名

6.旅行日程 博多駅筑紫口(8:30出発)――坂本八幡宮・・・大宰府展示館――太宰府天満宮――
     旧 伊藤伝右衛門邸――田川後藤寺駅――門司港駅新駅舎・・・門司港レトロ地区(自由散策)
      ――博多駅筑紫口 (19:10頃到着)

7.お申込み
 お近くの日本旅行・日本旅行サービス・日本旅行オーエムシートラベルなど、日本旅行商品取扱い店舗にてお申
 し込みください。

 デジタルパンフレット
  https://digitalpamph.nta.co.jp/fuk0312/book/?meta1=kyushu

配信元企業:株式会社 日本旅行

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ