クラーク記念国際高等学校は、2019年度より東京音楽大学との単位互換協定を締結し、連携授業を開始いたします。連携する授業は東京音楽大学で実施される声楽専攻の小森輝彦教授・水野貴子教授による「ヴォイストレーニング」。主に東京音楽大学の声楽専攻に在籍する1年生と、本校の東京キャンパスパフォーマンスコースに在籍する2年生を対象として開講されます。

2017年12月に東京音楽大学で行われた特別授業の様子
■ 連携授業導入の経緯
 クラーク記念国際高等学校の東京キャンパスに設置されているパフォーマンスコースは、「表現力を学び、パワフルに心・技・体を育てる」をモットーに1998年に開講。毎年延べ4000人を動員する劇場公演を年2回開催するなど、本校の中でもひときわ専門性の高い学びを提供するコースとして認知されています。この舞台公演に、東京音楽大学の教授が来校したことがきっかけとなり、本校と東京音楽大学との交流が始まりました。コース生の演技力や表現力を評価いただいた一方で、喉に負担がかかっていた発声方法を気にかけて頂き、2017年12月に東京音楽大学による本校生徒向けの第1回目の特別講座が開講されました。1回のヴォイストレーニングによる生徒の成果は目覚ましく、継続的なトレーニングの必要性を感じた本校は、東京音楽大学へ高大連携を提案。今回の連携授業の実現に至りました。

■ 連携授業導入の価値
 18歳人口が減少する一方で、学びのニーズは多様化してきており、生徒一人ひとりに合った高校教育の必要性がますます叫ばれています。そうした時代背景のもと、本校のようにカリキュラムに柔軟性を持つ通信制高校の役割は拡大しており、従来の「勤労学生向けの高校」「不登校生の受け皿」としての役割から、「多様な学びのニーズに応える高校」としての役割へと変化しつつあります。
 今回の試みは、表現力や協調性といった非認知能力の育成を通信制高校が音楽大学と連携して行うという珍しい取り組みであり、高校分野における表現教育に新たなページを刻むものです。東京音楽大学は100年以上の歴史と付属の高等学校を有する大学ではありますが、今回の新しいチャレンジに対し、柔軟な姿勢で共感を頂くことができました。歴史ある音楽大学で音大生とともにプロフェッショナルな授業を受けることで、本校のパフォーマンスコースの生徒には技術力のさらなる向上が望めます。また、音大生とのコミュニケーションを通し、より積極的に物事を学びリーダシップを成長させることが期待されています。

■ 連携授業の詳細
【授業名】
ヴォイストレーニング
【担当教授】
▽小森輝彦氏
東京音楽大学教授。バリトン歌手。日本人初のドイツ宮廷歌手。東京藝術大学、同大学院文化庁オペラ研修所を経て、文化庁在外芸術家派遣研究員として2年間ドイツベルリン芸術大学。12年間ドイツのアルテンブルク・ゲラ市立歌劇場で専属第一バリトンを務めた。
▽水野貴子氏
東京音楽大学教授。ソプラノ歌手。東京藝術大学卒業、東京音楽大学研究科修了。1990年チャイコフスキー国際コンクール日本人初の第5位に入賞するなど、国内外の多くのコンクールで優秀な成績を収める。
【授業の期間】
通年(毎週木曜日 14:10~15:40)
【授業の目的】
声楽の基礎を学ぶ。劇場で客席に力強く、またのびのびと響く声を見つけるための基礎としての呼吸法、音程のコントロール、共鳴のコントロールなどを身につける。
【授業の内容】
呼吸法、音程のコントロール法、共鳴のコントロール法など
【本校における本授業の位置付け】
東京キャンパスパフォーマンスコース2学年の必修授業とする。通年履修を経て2単位が与えられる。

■ 東京音楽大学について
 1907年に、鈴木米次郎によって東京音楽大学の前身となる「東洋音楽大学」が設立され、現存する私立音楽大学の中で最も古い伝統を有します。吹奏楽アカデミー専攻、ミュージックリベラルアーツ専攻、声楽専攻、器楽専攻、作曲指揮専攻、音楽教育専攻の6つの専攻をもち、毎年国内外のコンクール100名以上の入賞・入選者を輩出。多くの学生や卒業生が音楽家登竜門ともいわれる海外のコンクールで優秀な成績を収め、現在第一線で活躍しています。

クラーク記念国際高等学校 東京キャンパス パフォーマンスコースについて
 1998年に東京キャンパスに開講。毎年延べ4000人を動員する劇場公演を年2回開催。文化庁主催の「全国高等学校総合文化祭 優秀校東京公演」、山本寛斎氏プロデュースの「日本元氣プロジェクト」、株式会社ヤクルト本社の「HAYA-BEN HACKERS」など、年間を通して様々なイベントに出演。2016年には大阪梅田キャンパスに、姉妹コースとして「声優・パフォーマンスコース」を開講しています。

■ 授業公開について
 5月16日(木)に行われる授業を、教育関係者、ならびにメディア関係者に公開いたします。見学希望の方は事前にクラーク記念国際高等学校 東京キャンパス(03-3203-3600)までお問い合わせください。

■ 学校法人 創志学園 クラーク記念国際高等学校 公式Webサイト
https://www.clark.ed.jp/
2017年12月に東京音楽大学で行われた特別授業の様子
2017年12月に東京音楽大学で行われた特別授業の様子

 

配信元企業:学校法人創志学園 クラーク記念国際高等学校

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ