平成から令和に変わった5月1日。将棋界ではいきなり衝撃の対局があった。王位戦紅組リーグ木村一基九段―菅井竜也七段戦だが、その手数はなんと317手! さすがに両者ともに精魂尽き果てたか、感想戦はわずか10分ほどで終了したという。

 筆者の印象に残る木村の長手数対局といえば、平成20年9月のA級順位戦、対佐藤康光九段戦である。205手の末に持将棋となり、日が変わっての午前2時半過ぎに始まった指し直し局はこちらも160手という長手数の結果、木村が勝利した。終局時刻は午前6時17分。さらに感想戦もきっちり行われた末に取材陣を含めて、将棋会館そばにあるラーメン屋へ行った。筆者はそこでギブアップしたが、木村と他の記者はそこから築地に向かったというのが、おぼろげながらの記憶だ。

いきなり生まれた「令和最長手数の対局」

 プロの対局において、指し手の記録を残す棋譜用紙は1枚で150手まで書けるようになっている。それが2枚目に突入すれば、十分に長手数の対局といえる。だが木村―菅井戦は、なんと3枚目に突入したのだ。過去にも300手超えの対局は相当に例がない。いきなり生まれた「令和最長手数の対局」の記録はしばらく破られないと思う。

 そもそも、なぜそこまで長手数になったのだろうか。理由の一つとしては「持将棋模様」になったことが挙げられる。持将棋とはお互いの玉が敵陣に突入して、双方ともに玉を詰ますことが困難になった状況をいう。そうなるとお互いの駒に点数をつけて比較するのだ。玉を除いて、飛車と角は5点、金銀桂香歩はそれぞれ1点として数え、(盤上・持ち駒問わず)双方ともに24点以上あると、引き分けとなって先後を入れ替えて初手から指し直す。

 前記の木村―菅井戦は、双方ともに敵玉を詰ますことはほぼ不可能になっているが、点数を数えると木村は32点、菅井は22点だ。後手が先手の駒を取って点数を増やす見込みも薄いので、菅井の投了となった。

最近では420手の持将棋

 過去の対局では、どのような超長手数の激闘があったのだろうか。

 まず、比較的最近の一局を挙げると平成30年2月27日に行われた竜王戦の牧野光則五段―中尾敏之五段戦で、総手数420手にて持将棋成立というものがある。この一局は平成29年度の将棋大賞において名局賞特別賞を受賞したが、中尾は引退が懸かっていたという背景もあり、凄まじい熱戦が繰り広げられた。点数がぎりぎり足りない状況が続いた中尾が死力を尽くして24点を確保し、持将棋に持ち込んだのだ。

「決していい内容ではお互いなかったと思います。でも、お互い全力を尽くしての400手超え。今年引退した戦友に敬意を表して1票入れます」とは、本局の直後に『将棋世界』で行われた特集「熱局プレイバック」に、今泉健司四段が寄稿した一文だ。

ベテラン職員によると、700手超えの対局も……

 だが、持将棋千日手タイトル戦の持将棋をのぞくと、記録に残る一局として数えない。また、点数勝負から駒の取り合いとなった将棋は棋譜としての価値が高く見られないという側面もある。

 この駒の取り合いから泥仕合になることを嫌って、持将棋模様の決着にはトライルールを導入してはどうかという声もある。すなわち、先手の玉は5一、後手の玉は5九の地点に突入すれば無条件に勝ちとなるというルールだ。

 棋界関係者が使うデータベースの公式戦収録棋譜は95000局を超えるが、その中でトライが実現した例は先手が34局、後手が45局ある。そのうち持将棋が成立したのはわずか5局(先手玉トライで1局、後手玉トライが4局)というのも面白い。

 そして勝負の結果は、先手番トライではトライ側の12勝21敗、後手番トライはトライ側の15勝26敗と、トライを実現したほうが負けになるケースが多い。この結果をみるとトライルールの導入は難しそうだ。

 日本将棋連盟ベテラン職員の方から聞いた話だが、50年ほど前に700手を超えた持将棋局があったらしい。ただ、対局者双方の意向により、記録としては300手ほどを残して、以降の指し手はなかったことにしたそうだ(職員の方は、対局者双方からそれぞれ別の場所でこの一局についての話を聞いたという)。

 おおらかな時代の話とはいえ、大正あるいは戦前派の棋士が、勝負に対する意地と残される棋譜に対する美意識を、特に強く持っていたのだろうと想像される一幕だと思う。

入玉がなくても339

 持将棋指し直しではなく、決着がついた一局を見ていくと、指し手の数字が記録に残る最長手数対局は、昭和14年に行われた香落ち戦、溝呂木光治七段―梶一郎六段戦で、その手数は560手。加藤治郎名誉九段の著作には「実際の勝負は二百手あたりで、『双入玉、下手の規約勝ち』と決定していた。が、大先輩七段が意地で投了を渋ったためやむなく560手までおつきあいさせられてしまったわけである」と書かれている。

 戦後の対局をみると、記録が残っている昭和29年以降では、昭和44年2月3日のB級1組順位戦原田泰夫八段―芹沢博文八段戦が389手で原田勝ち。これが最長とされている。

 平成に入ってからは平成4年4月27日棋王戦浦野真彦六段―阿部隆五段戦が364手で阿部勝ち。

 21世紀以降では平成27年1月22日の新人王戦、牧野光則四段―都成竜馬三段戦の343手で牧野勝ちが最長である。他にも300手を超えて、且つ決着のついた対局は過去に15局ほどはあるようだ。

 そのほとんどが持将棋模様であり、点数で決着がついたか、入玉を目指す玉を捕まえて勝ったかのいずれかであるが、昭和56年10月23日王位戦淡路仁茂六段―中田章道四段戦は339手という超長手数でありながら、双方ともに入玉の気配がまったくなかった。先手の玉は序盤に2八の地点へ動くとそれからほぼ動かず、後手の玉も1四まで進んだのが最も上段だった。この一局は「入玉の気配がなかった対局の最長手数局」と言われている。

 またタイトル戦の最長手数は、昭和33年1月27、28日の第7期王将戦第2局、升田幸三王将―大山康晴名人戦271手で、升田勝ち。平成以降では平成14年12月9、10日の第14期竜王戦七番勝負第4局、阿部隆七段―羽生善治竜王戦257手で、阿部勝ちだ。

最長手数の詰将棋作品とは?

 女流棋戦では平成5年6月16日レディーオープントーナメント、谷川治恵女流三段―蛸島彰子女流五段戦が311手で持将棋成立。勝敗が決着した対局では平成2年9月27日の女流名人戦B級、多田佳子女流三段―鹿野圭生女流1級が289手で多田勝ちという例がある。

 視点を少し変えて、詰将棋における超長手数の作品をみると、江戸時代に伊藤看寿(贈名人)が発表した作品集「将棋図巧」の第100番(「寿」という名がつけられている)が611手詰である。

 将棋図巧が江戸幕府に献上されたのは宝暦5年(1755年)だが、この611手詰は長年にわたって、詰将棋界における超えるべき目標であり続けた。その後、初めて寿を超える手数となったのは昭和30年に奥薗幸雄氏が発表した「新扇詰」の873手である。続けて山本昭一氏が昭和57年に発表した「メタ新世界」が941手詰だ。

 そして橋本孝治氏が昭和61年に発表した「ミクロコスモス」は1519手詰と、それまでの記録を大幅に更新した。ミクロコスモス平成7年に改良されて1525手詰となり、これが公表されている詰将棋の最長手数作品である。1000手超えの詰将棋ミクロコスモスと、平成18年に添川公司氏が発表した「新桃花源」(1205手詰)の2作品しかない。

 ちなみに、変則的な詰将棋の一種として「ばか詰」と呼ばれているものがある。詰将棋ルール上、玉方は詰まされるまで最も手数がかかる逃げ方をしないといけないことになっているが、ばか詰では玉方も最も速く詰まされる順を選んで進めるのがルールだ。そしてばか詰では、なんと10000手を超える作品もある。絶対に詰まなそうな局面から双方の協力があると、このような超長手数も実現できるということだろうか。

公式戦のルールを変えた持将棋

 持将棋千日手と比較して、出現頻度こそ少ないが(これまで千日手1800局を超えるが、持将棋は200局ちょっと)、その性質上、絶対に長手数になるので、千日手とはまた違ったドラマが生まれる。

 中でも、中原誠名人に加藤一二三九段が挑戦した昭和57年の第40期名人戦七番勝負はすごい持将棋が1局、千日手が2局出現したので、七番勝負にて10対局が行われる史上空前の事態となった。

 持将棋となったのは第1局(223手で成立)だが、それ以降は中原勝ち、加藤勝ち、中原勝ち、加藤勝ち、千日手、加藤勝ち、中原勝ち、千日手、加藤勝ちという結果で、加藤一二三名人が誕生している。

 また中原が勝って3勝3敗のタイに持ち込んだ8局目は、ある意味では公式戦のルールを変えた一局ともいえる。当時、タイトル戦の持将棋は半星扱いだった(双方に0.5勝が与えられる)が、この8局目で再び持将棋になると、再び双方に半星が与えられて、加藤の4勝3敗となり、加藤新名人が誕生するという状況だった。そのことからも、この一局での加藤は明らか持将棋を狙っていたと、中原は振り返っている。

 半星規定はその後なくなったが、もしこの一局で持将棋が成立していたら、タイトル戦の決着局が持将棋になっていた。これこそ空前絶後である。

 新時代の令和を迎えて、超長手数や持将棋の対局もさらに出現するだろうが、その熱戦の中に込められた棋士の、一局に懸ける思いを感じ取っていただければ幸いである。

(相崎 修司)

今期から順位戦でA級に昇級している木村一基九段 ©相崎修司