芦田愛菜が、5月9日に帝国ホテルで行われた映画『海獣の子供』完成報告会見に、石橋陽彩、浦上晟周、森崎ウィン、田中泯、渡辺歩監督とともに登壇。主題歌を手がけた米津玄師を絶賛する場面があった。

『海獣の子供』完成報告会見、その他の写真

同作は、漫画家五十嵐大介が、大海原を舞台に生命の秘密を描き、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した名作コミックが原作。自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の安海琉花(芦田)がジュゴンに育てられたという不思議な少年・海(石橋)と、その兄である空(浦上)と出会い、運命が変わっていくストーリーだ。

作品が出来上がっての感想を、芦田は「映像がとても綺麗で水の表現がダイナミックで、まるで水が生きているかのように見えました。映画に音楽が加わることで、互いを引き立てあって、作品に命が吹き込まれているように感じました。ジム(田中)のセリフで『人間は言葉にしないと思っていることの半分も伝えられない』という言葉が好きで、印象に残っています」と振り返った。

また、本作は米津玄師が個人名義で初めて映画主題歌を手がけている。米津のファンであり「歌詞が好きでよく聞いています」という芦田は「(主題歌の)『海の幽霊』の歌詞にも、『大切なことは言葉にはならない』というフレーズがあります。私も、この世の中には言葉で表現できないことがたくさんあるけれど、それを理解しようとか、言葉にしようということではなく、その時に感じたことそのままを心に留めておくことが大切なのかなと思いました」と感慨深げにコメント

渡辺監督は「全体の音楽は久石(譲)さんがつけてくださって、最終的にそれを総括するような、キャラクターのその時点における帰結点を代弁できる主題歌がほしいと思っていました。米津さんはもともと原作を読んでいるので、作品に対する親和性が高いと感じています」と起用理由を語った。

最後に、芦田は「この映画は命の期限だったり、生命の神秘だったり、テーマが明確に答えが出ることではないと感じていて、きっとご覧になられたみなさんそれぞれに思うことがあるはずです。明確な答えを求めるのではなくて、その時体全体で感じたことを大切にしていただけたらうれしいです」と作品をアピールした。

『海獣の子供』は6月7日より全国公開となる。

芦田愛菜