文:ごえモン

 本稿では、高難易度クエスト“もう一つの主従”を無課金でクリアーする方法を解説。過去に配布されたイベント限定サーヴァントを入手できなかった人のために、本イベントで配布されたグレイを活用する編成を紹介します。

高難易度クエスト“もう一つの主従”基本情報


【画像41点】「【FGO】高難易度“もう一つの主従”無課金攻略パーティを紹介【事件簿コラボイベント】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

敵編成


 登場エネミーはアレキサンダーライダー)と諸葛孔明キャスター)の2騎のみ。アレキサンダーブレイクゲージは2本で、合計HPが約97万あります。

アレキサンダー
レベル:90
クラスライダー
チャージ:5
1ゲージ目HP352671
2ゲージ目HP:320610
3ゲージ目HP:299236

諸葛孔明
レベル:90
クラスキャスター
チャージ:5
HP:450288

特殊ギミック情報

アレキサンダー
戦闘開始時:若き征服王の威光
効果諸葛孔明に“敵アレキサンダーフィールドにいる間、すべての攻撃に対する耐性と、攻撃を受けた際に敵単体の防御力をダウン&自身の防御力をアップ”する状態を付与。


諸葛孔明
アレキサンダー1回目ブレイク:「さて、授業を始めよう」
効果アレキサンダーに5ターンの攻撃力アップクリティカル威力アップを付与。

アレキサンダー2回目ブレイク:「仕方ない、補講といこう」
効果アレキサンダーに3ターンの回避状態(解除無効)とクリティカル発生率アップを付与。


無課金攻略パーティを紹介


パーティ編成

【名称/クラス/装備礼装】
グレイ/殺/ゴールデン相撲~岩場所~
エウリュアレ/弓/ペインティング・サマー
マーリンフレンド)/術/ベラ・リザ
マシュ/盾/至るべき場所
ダビデ/弓/時期当主会議
ゲオルギウス/騎/瓦礫の聖堂

編成のテーマと攻略レギュレーション

 編成テーマは、“完全無課金かつ配布されたばかりのグレイを活用する”です。いつもは星3以下+縛りなしのフレンドを使用するのですが、今回の高難易度は個人的に非常に難しく、一部配布サーヴァントイベント礼装を活用してみました。

 無敵貫通&防御力無視を持つ適正サーヴァント両儀式アサシン)を使っていない理由は、“空の境界イベントに参加したことがない人でも勝てるような無課金編成を考えた結果です。

【攻略レギュレーション
サーヴァントグレイマシュ、星3以下サーヴァントのみ使用可
グレイスキルレベルはすべて1
フレンドは宝具レベル1かつ表示されやすいマーリン、孔明、スカサハ=スカディのみ使用可
礼装はイベント配布、恒常の星3以下のみ使用可
フレンドの礼装は戦闘に影響がないもののみ使用可
マスター装備は恒常のもののみ使用可
聖晶石、令呪の使用は不可

攻略ポイントを解説

アレキサンダー1ゲージ


 本クエストではアレキサンダーが存在する限り、諸葛孔明が毎ターン必ずスキルを使用し、アレキサンダーを強化+チャージ状態を増加してきます。3ターンに1回使用されるアレキサンダーの全体攻撃宝具をどうやって防ぐかが攻略のポイントとなります。

 また、孔明のスキルには攻撃力やクリティカル威力をアップするものがあるので、アレキサンダークリティカル攻撃への対処も必須です。

 そこで筆者が選んだのは、エウリュアレの魅了でアレキサンダーの通常攻撃を封じ、宝具の攻撃力ダウン効果も利用して事故率を減少、マーリンの第2スキル“幻術”で全体攻撃宝具をしのぐ方法でした。

 “幻術”には敵全体のクリティカル発生率を下げる効果もあるので、エウリュアレでアレキサンダーの攻撃力を下げておけば、全体宝具をしのいだ後のターンの通常攻撃も比較的安全になります。

 諸葛孔明の全体宝具は呪い+スタン+NP20%減少+防御力ダウン効果があり非常にやっかいなので、エウリュアレの“吸血”でチャージを減少し、使用頻度を低くしておくことも大切です。


アレキサンダー2ゲージ


 本編成とイベント配布礼装を活用すれば、アレキサンダーの1回目の宝具ターンにはブレイク可能です。

 ブレイク後には孔明が特殊行動でアレキサンダーの攻撃力とクリティカル威力をアップしてきますが、幻術とエウリュアレによる攻撃力ダウンの効果が残っているはずなので、次の宝具ターンまで比較的安全に戦えます。

 2ゲージ目の立ち回りでもっとも大切なのは、エウリュアレの宝具とスキルアレキサンダーの宝具ターンを2ターンほど遅らせること。これを成功させないと幻術のCTが間に合わず、アレキサンダーの3回目の宝具に対処できないので、アレキサンダーのチャージが4か5の時に魅了スキルと魅了宝具を使えるように準備しておきましょう。


アレキサンダー3ゲージ


 アレキサンダーの2回目の宝具ターンには幻術が間に合わないので、グレイの第2スキル“封印礼装解除”の無敵1回で自身を守り、マーリンにはマスタースキルの“オシリスの塵”を付与しましょう。エウリュアレの仕事は終わっているので、アレキサンダーの2回目の宝具を利用してマシュと交代してもらいます。

 エウリュアレの魅了でアレキサンダーの行動を封じていない場合、アレキサンダーの通常攻撃→孔明のスキルアレキサンダーの宝具、という状況が発生します。グレイの無敵スキルターンではなく1回なので、最初の通常攻撃を受けてしまう場合も。安定感がかなり下がるので、エウリュアレを編成しています。


 マシュが登場したターンは、アレキサンダーが大幅に強化され、味方パーティに強化がほとんど付与されていない状態のはず。幻術を使う前にマーリンが落ちてしまうと困るので、すぐにマシュの第3スキル“奮い立つ決意の盾”を使って、自身に攻撃を集めましょう。

 ここで運が悪いとマシュが1ターンで落ちてしまう場合があるので、安全策をとって第2スキル“時に煙る白亜の壁”の無敵を付与してしのぎます。ちなみに、このターンマシュArtsが1枚もない場合、NPをためられないので攻略が運だよりになります。


 アレキサンダーの攻撃を無傷でやり過ごしたら、マシュの第1スキル“誉れ堅き雪花の壁”と宝具を使って防御を固めましょう。2つの防御力アップダメージカット効果が重なれば、ちょっとやそっとの攻撃ではビクともしません。

 上記のように行動すれば、3騎がそろったままアレキサンダーの宝具を幻術でしのぐことが可能です。

 もしも孔明の宝具でスタンしてしまった場合、マスタースキル“イシスの雨”で弱体を解除しましょう。これまでの間にマーリンがスタンしてしまっても、エウリュアレがアレキサンダーの行動を遅らせてくれているので、幻術のCTが十分に間に合います。

 ちなみに、マーリンが幻術を使用する前に落ちてしまった場合に備えて5thにダビデを編成しています。第2スキル“治癒の竪琴”を使えば、アレキサンダーの宝具を1回だけしのげます。


アレキサンダー撃破後

 孔明1騎にできれば、あとは消化試合。最後尾に置いたゲオルギウスを全員でサポートし、時にはゲオルギウスのターゲット集中スキルサポート役を守りながら、孔明のHPを着実に減らしていきます。

 相性が有利な攻撃役がゲオルギウス1騎のため、本編成の場合はここからの戦いが非常に長くなります。実際に、16ターン目に孔明が1騎になったのですが、クリアーできたのは31ターン目でした。

 特に縛りを設けていない場合は、配布サーヴァント坂田金時坂本龍馬などの優秀なライダー、殿性能が非常に高い絆礼装を装備したヘラクレスなどを編成しましょう。





(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT