IWC2019「SAKE部門」は2007年創設、市販の清酒を対象としている(画像はイメージ)

IWC2019「SAKE部門」は2007年創設、市販の清酒を対象としている(画像はイメージ)

ロンドンで開催された「インターナショナル ワイン チャレンジ 2019 SAKE部門」(IWC2019 SAKE)の結果が5月8~9日にかけて順次発表された。同部門は2007年から創設され、市販の清酒を対象としている。

今回のエントリー総数は1,500銘柄。うち、95銘柄が特に優れていると認められる「Gold」を獲得した。「Gold」受賞率は6.3%。さらに「Gold」受賞銘柄のうち、「純米酒」「吟醸酒」など規格別の9カテゴリーで最も優れている各1銘柄の「トロフィー」(各部門最高賞)が選出されたほか、「トロフィー」にはわずかに及ばなかったものの高い評価を得た、産地が異なる次席の銘柄には「都道府県トロフィー」(計13銘柄)が授与された。

Gold」または「Silver」受賞酒のうち、4合瓶換算10万本、小売価格1,000円以下で優れたコストパフォーマンスを発揮しているものに贈られる「グレートバリュー・サケ」には、山梨銘醸の「七賢 風凛美山」と菊正宗酒造「菊正宗 しぼりたて ギンパック」が選ばれた。

都道府県別に見ると2位以下に大差をつけたのは山形県で、受賞銘柄数は12銘柄。昨年9部門中6部門で「Gold」を獲得した東北銘醸は、今年は“純米大吟醸酒の部”と“吟醸酒の部”の2部門で「Gold」を受賞した。また、“純米吟醸酒の部”で出羽桜酒造と和田酒造が、酒造用の米品種である「酒造好適米」ではなく、一般米の「つや姫」を用いた商品を出品し、受賞しているのも注目に値するポイントだ。

「県名トロフィー」を含む「トロフィー」を最も多く獲得したのは山形県で4銘柄。各部門最高賞のトロフィーを最も多く獲得したのは埼玉県で2銘柄となった。埼玉県は昨年の同コンクールで「県名トロフィー」を含め受賞した銘柄はなく、今回大きく躍進した。
IWC2019「SAKE部門」都道府県別「Gold」受賞銘柄数

IWC2019「SAKE部門」都道府県別「Gold」受賞銘柄数

なお、「Silver」は191銘柄、「Bronze」は327銘柄が受賞。メダルには至らなかったものの、一定の水準を満たし、IWC が推薦する銘柄である「Commended」は632銘柄が受賞している。

Gold」を受賞した95銘柄は以下の通り(☆=各部門トロフィー、〇=各部門都道府県トロフィー、◇=グレートバリューサケ)。

【純米酒の部「Gold」受賞銘柄】
・AKABU 純米酒(赤武酒造/岩手県
・黒麹仕込 純米原酒 天の戸 天黒(浅舞酒造/秋田県
・栄光冨士 純米 純月(冨士酒造/山形県
〇松の寿 純米 とちぎ酒14(松井酒造店/栃木県
・来福 特別純米(来福酒造/茨城県
◇七賢 風凛美山(山梨銘醸/山梨県
〇高砂 山廃純米辛口(富士高砂酒造/静岡県
・越の誉 淡麗純米 彩(原酒造/新潟県
・三笑楽 山廃純米(三笑楽酒造/富山県
☆宮の雪 山廃仕込 特別純米酒(宮崎本店/三重県
・作 玄乃智(清水清三郎商店/三重県
・カネナカ 生もと純米(中島屋酒造場/山口県

【純米吟醸酒の部「Gold」受賞銘柄】
・純米吟醸 六根 サファイア(松緑酒造/青森県
・AKABU 純米吟醸(赤武酒造/岩手県
・平井六右衛門 心星(菊の司酒造/岩手県
・純米吟醸 まんさくの花 亀の尾 55(日の丸醸造/秋田県
・太平山 純米吟醸 澄月(小玉醸造/秋田県
☆勝山 純米吟醸 献(仙台伊澤勝山酒造/宮城県
〇出羽桜 つや姫(出羽桜酒造/山形県
・フモトヰ純米吟醸出羽燦々(麓井酒造/山形県
・つや姫 純米吟醸 あら玉(和田酒造/山形県
・澤姫 純米吟醸 真・地酒宣言 プレミアムささら(井上清吉商店/栃木県
・大観 雄町純米吟醸(森島酒造/茨城県
・亀齢 山恵錦 純米吟醸(岡崎酒造/長野県
〇越後鶴亀 越弌 純米吟醸(越後鶴亀/新潟県
・福寿 純米吟醸(神戸酒心館/兵庫県
・山廃 吟醸純米 香住鶴(香住鶴/兵庫県
〇石鎚 別誂え 純米吟醸(石鎚酒造/愛媛県
・石鎚 純米吟醸 山田錦50(石鎚酒造/愛媛県
・古伊万里前 純米吟醸(古伊万里酒造/佐賀県
・六十餘洲 純米吟醸 山田錦(今里酒造/長崎県

純米大吟醸酒の部「Gold」受賞銘柄】
・陸奥八仙 華想い40(八戸酒造/青森県
・しみずの舞(秋田酒類製造/秋田県
・刈穂 純米大吟醸 種月(秋田清酒/秋田県
☆秀よし 純米大吟醸(鈴木酒造店/秋田県
〇栄冠菊勇 雪女神(菊勇/山形県
・秀鳳 純米大吟醸 雪女神(秀鳳酒造場/山形県
SAKE100 百光(楯の川酒造/山形県
・初孫 純米大吟醸 祥瑞(東北銘醸/山形県
・飛露喜 純米大吟醸 (廣木酒造本店/福島県
・御慶事 純米大吟醸(青木酒造/茨城県
・大観 純米大吟醸(森島酒造/茨城県
・不動 純米大吟醸 一度火入(鍋店/千葉県
・七賢 絹の味(山梨銘醸/山梨県
・開運 純米大吟醸(土井酒造場/静岡県
・井筒長 純米大吟醸 黒澤(黒澤酒造/長野県
・夜明け前 純米大吟醸(小野酒造店/長野県
・西之門 純米大吟醸 35%精白(よしのや/長野県
・真野鶴 純米大吟醸 佐渡山田錦(尾畑酒造/新潟県
・若鶴 純米大吟醸 瑤雫 40(若鶴酒造/富山県
・蓬莱泉 摩訶 純米大吟醸(関谷醸造/愛知県
純米大吟醸 宮の雪 酒魂(宮崎本店/三重県
・作 槐山一滴水(清水清三郎商店/三重県
純米大吟醸 瀧自慢(瀧自慢酒造/三重県
・蓬莱 純米大吟醸 超ドS(渡辺酒造店/岐阜県
・英勲 一吟 純米大吟醸(齊藤酒造/京都府
・英勲 井筒屋伊兵衛 祝米 三割五分磨き 純米大吟醸 中採り原酒(齊藤酒造/京都府
・紀土 純米大吟醸 精米歩合四十(平和酒造/和歌山県
・紀土 無量山 純米大吟醸(平和酒造/和歌山県
・白鶴 天空 純米大吟醸 山田錦(白鶴酒造/兵庫県
・極聖 雄町米 純米大吟醸(宮下酒造/岡山県
〇赤磐雄町ゴールド(利守酒造/岡山県
・獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分(旭酒造/山口県
・獺祭 磨き 二割三分 遠心分離(旭酒造/山口県
・防長鶴 純米大吟醸 35%山田錦(山縣本店/山口県
・桂月 CEL24 純米大吟醸50(土佐酒造/高知県

【本醸造酒の部「Gold」受賞銘柄】
・あさ開 蔵埠頭COLOR 本醸造(あさ開/岩手県
☆かたふね 特別本醸造(竹田酒造店/新潟県

【吟醸酒の部「Gold」受賞銘柄】

〇南部美人 吟醸 結の雫(南部美人/岩手県
☆初孫 冬のカノン 吟醸酒(東北銘醸/山形県
・渓流 150周年吟醸(遠藤酒造場/長野県

【大吟醸酒の部「Gold」受賞銘柄】

・大吟醸 月の輪(月の輪酒造店/岩手県
☆蒼天伝 大吟醸(男山本店/宮城県
・辯天 山田錦 極上 大吟醸原酒(後藤酒造店/山形県
しずく採り原酒 大吟醸 名刀 月山丸(和田酒造/山形県
・力士 大吟醸(釜屋/埼玉県
〇文楽 大吟醸 袋吊無濾過原酒 中汲み(北西酒造/埼玉県
・渓流 大吟醸(遠藤酒造場/長野県
・吟の慶 大吟醸(市島酒造/新潟県
・大吟醸 立山(立山酒造/富山県
・紀土 大吟醸(平和酒造/和歌山県
・福寿 大吟醸(神戸酒心館/兵庫県
・大吟醸 極聖(宮下酒造/岡山県

【古酒の部「Gold」受賞銘柄】

・山廃純米 熟露枯(島崎酒造/栃木県
☆特別本醸造 釜屋 古酒(釜屋/埼玉県
・相生 古幻(相生ユニビオ/愛知県
〇談山 貴醸酒(西内酒造/奈良県
〇華鳩 貴醸酒 8年貯蔵(榎酒造/広島県
〇三井の寿 山廃 純米 古酒(みいの寿/福岡県

スパークリング清酒の部「Gold」受賞銘柄】
☆紀土 純米大吟醸 Sparkling(平和酒造/和歌山県
〇八鹿 スパークリング Niji(八鹿酒造/大分県

【普通酒の部「Gold」受賞銘柄】

〇清酒 竹の露(竹の露/山形県
☆◇菊正宗 しぼりたて ギンパック(菊正宗酒造/兵庫県
・白雪樽酒(小西酒造/兵庫県
・杵の川 樽酒(杵の川/長崎県

〈酒類飲料日報 2019年5月10日付〉

IWC2019「SAKE部門」は2007年創設、市販の清酒を対象としている(画像はイメージ)