1脚で250万円なり! フェラーリ社とコラボした超プレミアムチェアの正体

豪華客船や超高級車が採用するシートブランド

 フェラーリランボルギーニなど、スーパーカーが集うモータースポーツフェスティバル「G Dream」にて、思わず目が釘付けの超高級オフィスチェアを発見しました。

 手がけたのは、最高級の革と、彫刻のように優美なデザインから“イタリアの家具芸術”と評される家具ブランドポルトローナ・フラウ」社。日本にも東京・青山にショールームを構えていますね。

 1912年にイタリアトリノで創業、1926年にはイタリア王室に御用達の指名を受けるほどステイタスシンボルの地位を確立した同社は、30年以上に渡りフェラーリシートも手がけたことでも有名なブランドです。豪華客船や旅客機の内装、フェラーリ以外の超高級車シートも手掛けるほど、セレブの間では知られた存在なのです。ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

 ここにある2脚のチェアデザインを担当したのは、フェラーリデザインフェラーリ。そのデザインを元に、ポルトローナ・フラウ社が誇る伝統的な職人技によって生み出されたコラボモデルが「コクピット」なのです。そして、コクピットに与えられた2脚のネーミングは、『プレジデント(黒)』と『エグゼクティブ(茶色)』。ワタクシのような庶民には縁のない名前ですが、高級感に溢れた逸品を紹介していきましょう。

 プレジデントは、バケットシートのようなフォルムで体を優しく包み込む、レーシングマシンのようなシートバックデザインを採用。フェラーリの甲高い咆哮やレースでの興奮が蘇る、フェラーリの魅力がダイレクトに伝わる仕様です。ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

 シートを縦に貫くストライプは、レーシングマシンを彷彿とさせるデザインでこれもまた魅力。素材もフェラーリシートと同じレザーを使用するなど、まさにリアルフェラーリを堪能できる仕立てとなっていました。

ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

 一方のエグゼクティブは、ロータイプシートバックで、オフィスでのビジネスシーンにも対応できそうな仕様。リクライニングや座席傾斜の傾きも細かく調整できるなど、プレジデント同様にユーザーヘの気配りも抜かりなしといった感じです。ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

 細部についてもホイールのスポークや各ディテールをオマージュしたデザインに。なお、雌子牛の最高級レザーはカラーカスタムにも対応しており、全96色から選択可能。シートバックは、カーボンファイバーもしくはアルテックスという複合素材から選択でき、さらに各種オーダーにも対応してくれるそうです。ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

 さて、気になるお値段はプレジデントが1脚/約250万円、エグゼクティブが1脚/約190万円とのこと。「椅子1脚でクルマが1台買える…」なんて声も聞こえてきそうなほどですが、手にすればフェラーリオーナーです。ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

 選ばれし者だけが使用できる究極のマニアックアイテムとも言えそうですが、いつも身近にフェラーリの存在を感じられるということでは、これ以上の存在はないでしょう。

ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)が手がけたフェラーリの椅子

1脚で250万円なり! フェラーリ社とコラボした超プレミアムチェアの正体