Jリーグは10日、4月度の「2019明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」として、J1ではFC東京のFWディエゴ・オリヴェイラ、J2ではファジアーノ岡山のFWイ・ヨンジェ、J3リーグでは藤枝MYFCのFW森島康仁を選出した。

同賞はYBCヴァンカップを除く、各月のリーグ戦を対象に選考委員会による選考の上、最も活躍した選手に与えられる。受賞選手には、クリスタルトロフィーの他、J1選手には30万円、J2選手には20万円、J3選手には10万円が授与される。

ディエゴ・オリヴェイラは、4月の4試合で5ゴールチーム首位、4連勝に貢献した。ディエゴ・オリヴェイラのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)

ⒸJ.LEAGUE PHOTOS

「今回、このような賞をいただくことができ、非常に嬉しく思います。神様、家族、ファンサポーターのみなさん、チームメイトに感謝します。何より、チームメイトの力がなければ、この賞をもらうことはできませんでした。この賞を励みに、これから先も今以上に練習を積んで、いいプレーをして活躍できればと思います」

Jリーグ選考委員会による選考理由】
原博実委員
「首位FC東京を引っ張る存在。決定力があり、コンディションも頼りになるチームエース

◆福西崇史委員
「4月の4ゲームで5ゴール。抜群の決定力でチームの勝利に貢献した」

◆柱谷幸一委員
ゴール数とシュートのうまさ」

◆北條聡委員
「首位東京4連勝の先導者。4戦連発の5得点1アシスト。これ以上なにを望む?」

◆寺嶋朋也委員
「4試合で5得点の活躍。3試合で決勝点を奪った勝負強さが特に印象的だった」

イ・ヨンジェは、4月の5試合でリーグ唯一、4ゴールを記録。勝利がついてこない一戦でも、負け試合を引き分けに持ち込むなど、チームに勝ち点をもたらした。イ・ヨンジェのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FWイ・ヨンジェ(ファジアーノ岡山)
ⒸJ.LEAGUE

「個人的に受賞したというよりもチームメイトが自分にチャンスを作ってくれた中で、自分がゴールを決めてこのような表彰をしていただいていると思っているし、チームなくしては今回の受賞もなかったと思っているので、チームメイトに本当に感謝しています」

「初めてこのような個人賞をいただきましたが、これからもチームが勝利するために、自分の良さを出して、またこういった賞をチームとしてもらえるように頑張りたいと思います」

Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆福西崇史委員
「4月の5試合で4ゴール

◆北條聡委員
「今月ただひとりの4ゴール。少ない好機生かす嗅覚、決定力の高さが光った」

◆寺嶋朋也委員
ゴール前で相手DFと競り合いながらゴールを決められるところが魅力で、5試合で4ゴールと見事な結果を残した」

森島は4月の3試合で3ゴール。得点パターンも多く、藤枝を首位に押し上げた。森島のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FW森島康仁(藤枝MYFC)
ⒸJ.LEAGUE PHOTOS

「このような賞をいただけたのはチームメイトがしっかり繋いでくれたパスを決めることができたからで、チームメイトには本当に感謝したいと思います。また、日頃からスタッフの皆さんが素晴らしいトレーニングと準備をしてくださっているおかげでもあります。これにおごらず来月も受賞目指して頑張ります」

Jリーグ選考委員会による選考理由】
原博実委員
「経験豊富な点取り屋。いろんな形からの得点でチームを勝利に導く」

◆福西崇史委員
「4月の3試合で3ゴールチームの勝利に貢献した」

◆柱谷幸一委員
ゴールと攻撃のボールの落ち着きどころになっている」

◆北條聡委員
「主砲の仕事をまっとう。計3得点で藤枝を首位へ押し上げた」

◆寺嶋朋也委員
「3試合で3ゴールチームシュート総数は決して多くないが、少ないチャンスを決め切れるストライカーがいるのは頼もしい限り」
サムネイル画像