池田エライザヒロインに迎えた「リングシリーズ最新作「貞子」が、5月24日(金)より全国公開。その完成披露試写会イベントに池田をはじめ、塚本高史、清水尋也、姫嶋ひめか、中田秀夫監督が登壇した。

【写真を見る】突然の貞子の登場にキャスト陣もびっくり

まずは、池田が「今日みたいな曇天にぴったりな映画です。映画は怖いんですが、舞台あいさつは皆さんが幸せな気持ちになれるようにやらせていただきます!」とあいさつ

イベントの様子はキャスト自ら手持ちカメラで撮影してライブ配信されたが、動画クリエイター・和真を演じた清水は手慣れた様子でカメラを構える。

だが、楽屋でのハイテンションとは一変して「皆さんこんにちは…みんなで頑張ります!」と、たどたどしくライブ視聴者に向けてコメントし、キャスト陣から「さっきと違う!」と総ツッコミが入った。

リングシリーズの主演のオファーを受けた気持ちを聞かれた池田は「私は本当にホラーが苦手なんです。『リング』を見てからその洗礼を受けて、ホテルではテレビに布をかけてしまうくらい。台本を読むのにも2~3日かかってしまいました。でも、読んでみると怖いだけじゃなくて、ヒューマンドラマがあって、そこに触れたいと思ったので、勇気を出して挑戦しました」と明かした。

さらに「びっくりするとか爆笑とか、お芝居でやるって難しくて、技術的ことが通用しないので、自分を(ヒロインの)茉優のメンタルに追い詰めました。弟役の尋也くんが本当に私の弟に似ているんですよ。もし自分の弟がいなくなったらと、茉優にリンクさせて臨みました」と語った。

和真をサポートするウェブマーケティング会社に勤める石田祐介を演じた塚本は「『リング』の時が高校生だったので、まさにその頃はSNSなんてなくてVHSを使っていたので、本当に見たら呪われると思って怖かったし、そんな作品に20年後に出させていただけるなんて思ってなかったです」と告白。

共演した池田については「格好良い! 茉優という役も真っすぐで格好良くて、池田さんが自分を追い込んで茉優になろうとしてるのが分かりました」と明かした。

茉優の弟で、貞子に呪われるきっかけをつくってしまう和真を演じた清水は「一人で自撮りで動画の撮影に挑戦しました。撮りながら演技するのは難しかったです。明かりの調整とか、向き変えたり戻したり、一人でずっとやっていました」と苦労を語った。

また、ともさかりえ演じる放火犯の娘となる謎の少女役で出演した姫嶋ひめかは、映画初出演で貞子との共演を果たし「世界的に有名な怨霊の貞子さんとの共演は怖くもあったし、うれしくもありました」とかわいらしく話した。

そんな彼女について、池田は「ひめかちゃんは監督の演出をどんどん吸収していくので、1~2年後はどうなっちゃうだろう…って思います」と期待を寄せた。

そして、「リング」や「リング2」と同じ倉橋雅美として出演した佐藤仁美は「そう言えば、私生きてた!と思いました(笑)」と切り出し「22年前の話で、22年後に同じ役をやるなんで今後ないと思います。やっぱり知っていても貞子は怖いです。気持ち悪い空気感があります。22年前と変わらない」と貞子の怖さを熱弁。

さらに、久しぶりの中田組については「監督は全然変わってなくて、もううるさい!って思いました(笑)。本当によくしゃべる!」と明かして、会場を沸かせた。

■ フォトセッションに貞子がサプライズ登場!

リング」から20年、今作で再びメガホンをとった中田監督は「『リング』を見たことがない世代に見てほしいと思うので、貞子ワールドというか、原型は守りつつ、あの頃からデジタル時代に進化した、スピード感は意識しました。アナログデジタルハイブリッドです」と語った。

主演の池田については「ホラー映画のヒロインに向いているフォトジェニックな容姿と、恐怖に立ち向かうキリッとした強さがありました。来てほしいところに到達してくれる人でした」と絶賛。

その言葉を受けて、池田も「監督に演出される前に一発でやってやろう!って思って撮影に臨んでいました!」と熱意を語った。

続いて、本作のキャッチコピー「この映画、容赦ない」にちなんで、容赦ない監督の演出について聞かれると「監督に負けないようにというか、現場に没入している監督を見てもっと上に這いつくばっていこうと思えました」と明かした。

また「きっと来る~」の貞子の歌にちなみ「令和時代にきっと来ると思うもの」をテーマに登壇者それぞれフリップで回答。

「民族楽器」が来ると回答した池田は「私の趣味です! 世界中にはいろんな楽器があって、好きな音の楽器を集めるのにはまっています。みんなにも挑戦してほしいです!」と答えた。

質疑応答が終わり、キャスト・監督そろってのフォトセッションが行われようとしたその瞬間、会場の照明やスクリーンの映像が乱れて、場内は騒然。

そんな中、キャストの足元のパネルから貞子がダイナミックに登場。キャスト陣も突然の貞子の登場にびっくりしたまま、貞子もそろって写真撮影が行われた。

最後に中田監督から「キャストスタッフと一生懸命作りました。皆さんに楽しんで見ていただけたら幸いです。面白かったら周りの人にも勧めてください」とアピール

池田も「中田監督がメガホンをとり、佐藤仁美さんもご出演されていて、クラシカルなホラーの要素もあるんですが、今みんなが手に持っているスマホから忍び寄る恐怖をぜひ感じていただきたいです。そして、ホラーだけでなく、皆さんの中にあるホラーというイメージを更新するような要素も含まれています。いろんなことを感じて楽しんでください!」と語って、イベントは閉幕。

…と思いきや、スクリーンの映像が不気味に揺れ、画面の淵にはカメラを握る生気のない白い指が…。最後に貞子の姿が映し出されるという「リングシリーズイベントらしいラストとなった。(ザテレビジョン

「リング」シリーズ最新作「貞子」の完成披露試写会に、主演の池田エライザらが登壇。最後に貞子が現れ、写真撮影にも加わった