約20年前、怨霊“貞子”伝説の第1弾「リング」で日本中を震撼させた中田秀夫監督が、ハリウッド版「ザ・リング2」以来、14年ぶりに人気ホラーシリーズを手掛けた最新作「貞子」が5月24日(金)に公開される。

【写真を見る】ホラーが苦手という池田エライザに貞子が忍び寄る…

本作は、伝説のオリジナルチームSNS時代に放つ最恐ホラー。貞子と母親との知られざるエピソードを軸に、貞子の恐怖を現代人がリアルに怖いと思えるシチュエーションで描いていく。

貞子に襲われるヒロインの心理カウンセラー・秋川茉優役の池田エライザと、茉優の弟で偶然貞子が映り込む動画を撮ってしまった青年・秋川和真役の清水尋也が“姉弟役”で共演。劇中で、過酷な運命に翻弄されるキャラクターを演じた二人にインタビューした。

――お二人は姉弟役で共演していますけど、お互いの印象は?

池田「これまで特に印象を持つほど接したことがなかったんですけど、周りの役者さんたちから『清水尋也くんのお芝居はいいよ』って聞いていたんです」

清水「皆さんからそんな風に言っていただけるのはうれしいんですけど、最初に会った時に『清水くんって天才なんですよね?』って言われて。その時に『もうヤバい。終わった…』って(笑)

池田「本人にとってはプレッシャーだったと思います」

清水「今の言葉通り、プレッシャーがすごかったです」

池田「でも、純粋に楽しみにしていました。写真のイメージだと、少しとっつきにくい印象があるんですけど、私には清水くんと同じぐらいの年齢の弟がいて、ちょっと緩やかな感じが似ているなと思ったんです。だから、変に気張らずに接することができたような気がします」

清水「すごく人見知り…?」

池田「最初だけ」

清水「今は違うけど、最初のころは嫌われているのかなって思っていました(笑)

池田「共通の友達がいるわけでもないし、撮影当初は共演シーンが少なかったんです。だから、後半ぐらいからですね、たくさんお話をするようになったのは」

――今回の作品は大きくジャンル分けすると「ホラー」ですが、オファーが来た時の率直な感想は?

池田「いつもは台本をいただいたら、なるべくその日のうちに読むようにしているんですけど、この作品に関しては2、3日尻込みしました。子どものころの貞子の印象が強くて、読むまでにちょっと時間が掛かりました。でも、勇気を出して読んでみたら、もちろんホラーの要素はあるんですけどヒューマンドラマというか、人の報われない思いだったりとか、少しずつ歯車が合わなくなっていた姉弟の関係が修復されていく感じがすごく丁寧に描かれていて。怖いという以上に、自分自身もそのメンタルまで持って行ってみたいな、ぜひやってみたいなって思いました」

■ 貞子はホラーアイコンとして恐怖の対象

――ホラー映画は苦手なジャンル

池田「見られません。ホラーゲームをやっていても、お化けが出てくると毛布を掛けて隠れていました(笑)。自分からホラーに触れるのは無理です」

清水「僕は見れます。今度、見に行きましょうね〜。」

池田「絶対、イヤ!(笑)

清水「面白そうな作品があったら誘いますので(笑)

池田「大きい声を出しちゃうから追い出されるよ」

清水「大丈夫。俺も大きい声を出すから」

池田「じゃあ、二人共追い出されるからやめた方がいいよ(笑)

清水「僕自身、ホラー大丈夫なんです。虫が出て来なければ」

池田「今回の撮影で行った洞窟の外に虫がいっぱいいたよ」

清水「やめて!

池田「フナムシがウジャウジャ(笑)

清水「フナムシが一番ダメなの(笑)

池田「ダメそう(笑)。じゃあ、ダイオウグソクムシは?」

清水「もう、ホントやめて。言葉が耳に入ってくるだけでダメだ(笑)

――“リング”や“貞子”に対するイメージは?

池田「私たちの世代は多いと思うんですけど、貞子がなぜあんな風になってしまったのか知らないんです。ホラーアイコンとして恐怖の対象だったというか、テレビは怖いものだと思って育ったので。夜のテレビは怖いし、貞子が出てくるから直視できないんです。何か“ツー”という感じの音もイヤ。それと、急に消えるじゃないですか、テレビの画面が。あれも怖かったからテレビに布を掛けて隠していました。意識していなくても意識しちゃっていて、ホントに毎日ビビっていました。いまだに怖いし、今回の映画の予告も見られません(笑)

清水「僕は映画を見たりして、やっぱりお化けというか霊を想像してみてって言われたら貞子のビジュアルが出てきますね。相当強いイメージが付いていると思います。僕自身、ホラー大丈夫なので、私生活で何というかテレビに布を掛けたりするようなことはないですけど(笑)

――あまり詳しいことは言えませんが、物語の終盤に展開される茉優と和真の姉弟愛がグッときますね。

池田「ちょっと記憶がないぐらい自分を追い込んでいました。塚本(高史)さんとのシーンでは、塚本さんにお願いをしてカットが掛かってもしばらくお芝居を続けさせていただいて。自分にも弟がいるから感情移入しすぎてホントにヤバかったです。自分が触れたことがないような気持ちを知ったような気がしたし、楽屋に戻ってもしばらく泣いていました」

清水「あのシーンメンタルもそうでしたけど、フィジカル的にもかなりきつかったですね。撮影が何日も続いたし、まさに体力勝負。その分、姉と弟の気持ちが強くあふれ出した印象深いシーンになったと思います」

池田「ちなみに、劇中で女の子を持ち上げるシーンが何回か出てくるんですけど、ある場面では全然持てなかったのに、それよりも過酷な状況の中で撮影したシーンでは、なぜかひょいって持ち上げることができたんです」

清水「何かあるね…」

池田「うん。そういう不思議なことが起こる現場でした(笑)」(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

5月24日(金)に公開の映画「貞子」で共演する池田エライザ&清水尋也