広島が快勝、ジョンソン2勝目 DeNAドラ1上茶谷は好投もまた初勝利ならず…

■広島 4-0 DeNA(11日・マツダスタジアム

 広島は11日、本拠地・DeNA戦に4-0で快勝し、再び勝率5割に復帰した。先発ジョンソンが6回5安打無失点と好投し2勝目(3敗)。打線も着実に加点した。DeNAはドラ1上茶谷が6回5安打2失点と好投も打線が援護できず。6試合目の登板でもプロ初勝利はならず、3敗目を喫した。

 広島は初回、2死からバティスタの四球、鈴木のヒットで一、二塁のチャンスを作ると、松山が上茶谷からライトタイムリー。先制に成功した。さらに、2回は1死二塁でジョンソンが粘って四球を選び、続く西川がレフトタイムリー。追加点を奪った。

 ジョンソンは2回以降はヒットや四球で毎回走者を出しながら無失点投球。5回は2死一、二塁、6回は1死一、二塁のピンチを切り抜け、救援陣にマウンドを託した。

 7回は一岡が3者凡退に抑えると、その裏に菊池涼の適時二塁打、バティスタの犠飛で2点を追加。8回はフランスア、9回は中崎が抑え、カード1勝1敗として勝率を5割に戻した。

 DeNAは打線が上茶谷を援護できず。チャンスを作りながらもあと1本が出ずに完封負けとなった。(Full-Count編集部)

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】