アンジェ戦で華麗な足技を見せ、相手選手2人を置き去り「クレイジーなレベル

 パリ・サンジェルマンPSG)は現地時間11日のリーグ・アン第36節アンジェ戦で2-1と勝利。ブラジル代表FWネイマールは1得点1アシストマークしたなか、後半45分に相手2人を翻弄するヒールリフトを見せて、海外メディアも「ニンジャ(忍者)」と報じている。

 ネイマールは前半20分にブラジル代表DFダニエル・アウベスのお膳立てから先制のダイビングヘッド弾を決めると、後半13分にはアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアの得点をアシスト。同43分にアンジェに1点を返されたものの、PSGは2-1で逃げ切った。

 注目を集めているのは後半45分のプレーだ。敵陣のゴールライン際でボールを持ったネイマールに対し、アンジェフランス人DFヴァンサン・マンソーとアルジェリア代表FWファリド・エル・メラリの2人がかりで止めにかかる。するとネイマールは両足でボールを挟んでジャンプし、絶妙なコントロールで浮かせて鮮やかにマンソーの頭上を抜き、2人とも置き去りにしてみせた。

 衛星放送「ビーイン・スポーツアメリカ版公式ツイッターは、「ネイマールリーグ・アンで楽しんでいる」と動画を公開。別の投稿では、この日ハチマキのようなものをつけていたネイマールの風貌とトリッキーな動きになぞらえて「ニンジャ(忍者)」と表現した。ファンからも「世界で他に誰がこれをできる?」「なんて美しいプレー」「素晴らしく才能あるプレーヤー」「クレイジーなレベル」と反響を呼んでいる。

 4月27日に行われたクープ・ドゥ・フランスフランス杯)決勝レンヌ戦後、挑発的な言葉をかけたファンの顔面にパンチを見舞い、アンジェ戦後から3試合の出場停止となるネイマール。オフ・ザ・ピッチの話題が先行しがちだったなか、華麗なテクニックで改めて実力を証明してみせた。(Football ZONE web編集部)

PSGのFWネイマール【写真:Getty Images】