バルセロナは今夏、選手を大幅に入れ替えて大改革を図るかもしれない。スペイン紙『アス』が9日に報じている。

 すでにアヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得するなど、バルセロナは来季へ向けたチーム作りに着手している。他にも、マタイス・デ・リフトやアントワーヌ・グリーズマン、ルカ・ヨヴィッチなど多くのトッププレーヤー獲得の噂が絶えない。

 一方で、現所属のケヴィンプリンス・ボアテングとジェイソン・ムリージョはそれぞれがローン元のサッスオーロとバレンシアに戻ることが決定的となっている。また、契約満了となるトーマスヴェルマーレンとも新たな契約を結ぶ意向はないという。

 その他、同紙は「10人の放出候補」として期待された活躍を披露できていないフィリペ・コウチーニョレギュラーの座を失っているサミュエル・ユムティティ、移籍の噂が絶えないイヴァン・ラキティッチらを上げている。

《アスが報じた10人の放出候補》
カッコ内はバルセロナ加入年月日と今季リーガ・エスパニューラの成績

ケヴィンプリンス・ボアテン
2019年1月加入/3試合・0得点)

ジェイソン・ムリージョ
2019年1月加入/3試合・0得点)

トーマスヴェルマーレン
2014年8月加入/9試合・0得点)

■ヤスパー・シレッセン
2016年8月加入/2試合・0得点)

フィリペ・コウチーニョ
2018年1月加入/34試合・5得点)

■サミュエル・ユムティティ
2016年7月加入/14試合・0得点)

マルコム
2018年7月加入/14試合・1得点)

■イヴァン・ラキティッチ
2014年7月加入/33試合・3得点)

ラフィーニャ
2014年6月加入/5試合・0得点)

■デニス・スアレス
2016年7月加入/2試合・0得点 ※2019年1月にアーセナルレンタル移籍)

バルセロナが主力を含む10選手を放出するかもしれない [写真]=Getty Images