※以下の記事は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の物語の核心に触れる内容を含みます。鑑賞前の方はご注意ください。

【写真を見る】直近『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』には新たなキャラクターが!

世界の興行収入が5月12日までに約24億8000万ドル(約2700億円)を記録し、センセーションを引き起こしている『アベンジャーズ/エンドゲーム』だが、本作を鑑賞したファンは既に「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の今後が気になっているはずだ。そもそもロバートダウニーJr.や、クリスエヴァンスの卒業作品である『エンドゲーム』こそが、フェイズ3の最終作だと思っている人もいるようだが、実は今年の夏に公開を控える『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が正式なフェイズ3最後の作品となる。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、友達と夏休みヨーロッパ旅行に行ったピーター・パーカーが、ニックフューリーに説得されて悪と戦うチームに参戦する、という内容だ。出演はお馴染みピーター・パーカー役のトム・ホランドや、MJ役のゼンデイヤ、ニックフューリー役のサミュエル・L・ジャクソンに加え、ミステリオ役でジェイク・ギレンホールが登場する。

アベンジャーズ/エンドゲーム』を観たファンにとっては、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の設定は時系列のいったいどこに当てはまるか、気になるはずだ。米Comicbook.comの記事によると、本作は『エンドゲーム』の内容に沿ってサノスの襲撃で消滅した人々が蘇る「5年のタイムジャンプ」の後の設定になっているそうだ。同記事でジョー・ルッソ監督は、「幸運にもサノスのスナップによる消滅を免れた人々は、蘇った人たちよりも5歳年上だ。『エンドゲーム』の最後でスパイダーマンが親友と感動の再会をした理由は、彼らもまたスパイダーマンのように消滅してしまっていたからだ。もちろん消滅しなかった同級生たちは、既に高校を卒業して今は大学にいるかもしれない。」と語っている。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の日本公開は、6月28日(金)を予定しており、世界最速となる。

また、米国時間5月7日、米ウォルト・ディズニー・カンパニーは同スタジオの今後の公開スケジュールを発表した。その内容によると、次なるMCUの映画は2020年5月1日公開で、それからは1年間に3本ずつMCUの新作映画を公開していく予定だそうだ。2020年5月1日公開のフェイズ4の幕開け作品として最有力なのは、スカーレットヨハンソン演じるブラック・ウィドウの単独映画だ。本作はブラック・ウィドウが初登場した『アイアンマン2』(10)の前の、2000年初頭を舞台にしたプリクエル(前日譚)になると言われている。つまりはナターシャアベンジャーズに加わる前のKGBスパイ時代、またはS.H.I.E.L.D.エージェントとして活躍していた頃が描かれるのだろう。米バラエティリポーターが報じた情報によると、ディズニーは本作の監督選抜のために、65人もの候補と面接をしたのだという。結果『さよならアドルフ』(12)のケイトショートランドが、メガホンを取ることが決定した。本作はスカーレットヨハンソンに並んで、フローレンス・ピュー、レイチェル・ワイズやデヴィッド・ハーバーらが出演し、撮影は今年6月にロンドンで開始される予定だ。

ブラック・ウィドウの単独映画の後は、ライアン・クーグラー監督が再びメガホンを取る『ブラックパンサー』(18)の続編や、ジェームズ・ガンが監督として復帰する「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズの第3作、ベネディクトカンバーバッチ主演、スコット・デリクソン監督の『ドクター・ストレンジ』(16)の続編公開も控えている。さらにはMCUシリーズ初、アジア人がヒーローの『シャン・チー』や、アンジェリーナ・ジョリーとドラマシリコンバレー」で知られるクメイル・ナンジアニが出演する『エターナルズ』の製作も決まっている。『エターナルズ』には現在、「ゲーム・オブ・スローンズ」のロブ・スターク役で有名なリチャード・マッデンが出演交渉中だと、米バラエティが報じている。

また、ディズニーが21世紀フォックスを買収したことにより、フォックスが所有する「X-MEN」、「デッドプール」や「ファンタスティック・フォーシリーズと、ディズニーMCUクロスオーバーにも期待が膨らむ。米情報サイトComic Genreは、『X-MENダークフェニックス』(6月21日公開予定)がフォックス製作の最後のマーベル作品になり、その後正式にフォックスの所有コンテンツキャラクターディズニーに移行するのではないか、と予測している。

MCUファンたちにとっては、今後アベンジャーズを率いる主格のキャラクターは誰になるのか、ソーは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編に出演するのか?など気になる点が数多く残っている。そしてマーベルには、未だ実写化されていない「シーハルク」や「ムーンナイト」、「スパイダーウーマン」やアニメスパイダーマン:スパイダーバース』(18)のマイルス・モラレスといった、単独映画としてもインパクトがある個性的なキャラクターがまだまだ沢山いる。『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、MCUにとって10年という節目になったが、例えフェイズ3の幕が閉じようとも、今後も映画界でマーベル旋風の勢いが衰えることはないだろう。(Movie Walker・LA在住/小池かおる

これから公開が予想されるMCU作品をリストアップ!