C-HR・ヴェゼル・CX-5はどれが買い? 人気SUV3台の全方位通信簿

人気の3モデルを全方位で徹底比較

 今、国産車で勢いあるクロスオーバーSUVのなかでも、売れ筋コンパクト~ミドルサイズのモデルたち。クロスカントリーというより、視界の高い乗用車ファミリーカーとして人気がある。

 ここではそのなかでもとくに売れ筋トヨタC-HRホンダ・ヴェゼルマツダCX-5にスポットをあて、それぞれの魅力を探っていきたいと思う。

■トヨタC-HR

コンパクトSUV

 まずは2018年国産SUV販売台数ナンバーワンに輝いたデザインコンシャスなトヨタC-HRデビュー201612月。4代目トヨタ・プリウスと同じTNGAGA-Cラットフォームを用い、パワートレイントヨタ・プリウス譲りの1.8リッターエンジン2モーターハイブリッド、および1.2リッターガソリンターボを用意。デビュー当初はハイブリッドFFのみ、ガソリンターボは4WDのみの設定だったが、185月のMCガソリンターボにもFFが加わっている。

コンパクトSUV

 この3台のなかで、ハイブリッドがあるのはこのトヨタC-HRホンダ・ヴェゼルだが、ハイブリッド感がより強いのは、さすがトヨタハイブリッドカーC-HRだ。発進はもちろん、巡航中でもモーター走行モードに入る領域が広く、静かで滑らかな走行感覚が特徴だ。30.2km/LJC08モード燃費も3台中、最上となる。

コンパクトSUV

 2WD車では全高が立体駐車場の入庫が容易な1550mmに抑えられ、都会でも使いやすいのも(4WD1565mm)、SUVとして大きな特徴で、同時に最低地上高140mm2WD4WD155mmプリウス130135mm)、サイドシル地上高約400mmと、悪路走破性は乗用車並みとはいえ、乗降はSUVらしからぬ容易性がある。

コンパクトSUV

 つまり、SUVのカタチをしていても、オンロードメインデザインコンシャスな乗用クロスオーバーモデルというキャラクターであり、幅広い層に受け入れられて当然とも言える。

■ホンダ・ヴェゼル

コンパクトSUV

 ホンダ・ヴェゼルはクーペのようなボディー上半身をまとった、デザイン命のコンパクトクロスオーバーSUVの先駆け。デビュー201312月、基本プラットフォームはホンダ・フィットである。それにしても、デビューからもう5年以上たつものの、そのスタイリッシュさの魅力は今でも色あせてはいない。

コンパクトSUV

 パワーユニット1.5リッターガソリン1.5リッターエンジンモーターハイブリッド、そして新たに1.5リッターターボのツーリンググレードをそろえる。201812月のMCでは内外装をリフレッシュするとともに、先進安全支援機能のホンダセンシングを全グレードに標準化。

コンパクトSUV

 デザイン重視のコンセプトインテリアにも貫かれ、収納力は二の次の印象だ。ティッシュボックスの置き場にはけっこう困る……。

コンパクトSUV

 動力性能はガソリンハイブリッドともに必要十分な性能。ツーリングはターボによってゆとりある加速力を見せつける。乗り心地はデビューした2013年当時のホンダ車らしい固く、重厚なタッチが基本だ。

コンパクトSUV

 ホンダ・ヴェゼルならではの特徴は、後席足もとの広々感。クラスで唯一、センタータンクレイアウトによるフラットに近いフロアと、クラス最大級のゆとりあるニースペースが実現され、後席3人掛けで中央に座っても、トンネル付きの他車よりずっと快適だ。

コンパクトSUV

 クロスオーバーSUVとして、ホンダ・ヴェゼルの強みのひとつがラゲッジフロアの低さ。ステーションワゴンと大きく変わらない地上約650mmと低く、開口部に段差がなく、重い荷物の出し入れや、愛犬の乗降もラクラク。ちなみにトヨタC-HRは同780mm、段差50mmCX-5は同770mm、段差145mmだ。ヴェゼルのラゲッジフロアがいかに低く、使いやすいかが分かるだろう。しかも、ヴェゼルは後席をダイブダウン機構で沈み込ませるように、フラットに格納すると、フロア地上高はわずか約600mm。リヤドアから重い荷物を積み込む、愛犬を乗せるといったシーンでも威力を発揮する。

コンパクトSUV

■マツダCX-5

コンパクトSUV

 サイズ的にはもっとも余裕あるマツダCX-52リッター、気筒休止付き2.5リッターガソリンに加え、主力の2.2リッタークリーンディーゼルターボをラインアップ2WD4WDの用意はもちろん、ディーゼルモデルには6AT6MTをそろえているところも、マツダらしさ。今ではマツダ全車に装備されるG-ベクタリングコントロールは、直進時の運転疲労の低減、カーブでの安定感UPに絶大なる効果を発揮。車酔いがしにくくなるというデータもあるほどだ。

コンパクトSUV

 マツダCX-5の真打ちはやはりディーゼルモデル。とにかくトルキーで(2.5リッターガソリンより!)スムースに静かに走り、実燃費も優秀。走りの上質感としては、ガソリン車を凌(しの)ぐレベルにあると言っていい。また、後席エアコン吹き出し口が備わるのはこの3台中、唯一となる。

コンパクトSUV

 ボディサイズゆとりから、ラゲッジルームの奥行きはクラス最大級の960mmもあり(トヨタC-HR 765mmホンダ・ヴェゼル790mm)、積載量でリードするとともに、後席が4:2:4分割で畳めるため、シートアレンジの自由度でもリード。たとえば、ラゲッジに乗せたペットにとってもうれしく、中央2部分をアームレストとして倒しておけば、ラゲッジにエアコンの風が通りやすく、また、ペットがそのすき間から顔を出すことができ、飼い主とのアイコンタクトも容易。お互い安心してドライブを楽しむことができたりする。

コンパクトSUV

■安全支援装備はCX-5がリード

 最後に先進安全支援機能だが、トヨタC-HRトヨタ最新のトヨタセーフティセンスを装備。自動ブレーキは昼間のみ歩行者も検知。ACC(アダプティブクルーズコントロール)は渋滞時も追従する全車速域対応だ。

コンパクトSUV

 ホンダ・ヴェゼルの自動ブレーキも昼間の歩行者検知タイプACCは約30135km/hツーリングのみ、ほかは115km/h)での作動で、渋滞追従機能を持たないところが残念。減速からの再加速性能もちょっと物足りない。

コンパクトSUV

 マツダCX-5の自動ブレーキは昼夜ともに歩行者対応。ブラインドスポットモニターは3台中、唯一全グレードに備える。それらの作動性能は国産トップレベルにあると言っていい。ACCは全車速域対応だ。

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

コンパクトSUV

C-HR・ヴェゼル・CX-5はどれが買い? 人気SUV3台の全方位通信簿