ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、5月31日から登場する「ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D」の詳細な情報を解禁した。

ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D」は、2大作品の世界観が見事に融和し、「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」が共存するという、ありえない新次元の世界が映像として初めて誕生。このアトラクションのためだけに、特別に構想されたオリジナルストーリーには、舞台となる“第3新大阪市”の名にふさわしく大阪の名所も多数登場することに加え、ファン心をくすぐるさまざまなディテールが散りばめられている。  

また、イベント開催を記念したファン必見のパークオリジナル限定グッズフードなども続々登場。アトラクションだけでなく、グッズフードなどでも、究極のコラボレーションを楽しむことができる。

ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D」は5月31日から8月25日までの期間限定。約20分(プレショー含む)。


☆「ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-Dストーリー

世界規模の危機をもたらした“セカンドインパクト”により、甚大な被害を受けた旧東京首都圏に代わり、首都機能を引き継ぎ、未知の敵性生命体“使徒”との戦闘を目的とした要塞都市・第3新大阪市。

この街の視察ツアーに参加する政府視察団一行(ゲスト)は、上空からの視察のためVIP専用機「GLAUX(グラウクス)」に乗り込む。そんな中、突如ゴジラが第3新大阪市に出現。特務機関ネルフ葛城ミサトは、エヴァンゲリオンパイロットである碇シンジ綾波レイ式波・アスカ・ラングレーの3名に出動命令を下した。

視察団は急遽、安全保管区域へと移動するが、ゴジラ迎撃の戦いに巻き込まれた「GLAUX(グラウクス)」は損傷を受け制御不能に。ゴジラエヴァンゲリオンの決戦の渦中へ投げ出された視察団一行は、両者の激戦を間近で目の当たりにする。

使徒ではないゴジラが、なぜ第3新大阪市に出現したのか謎は深まる中、街を守るためにエヴァンゲリオンゴジラと戦い続ける。果たして、この激戦の行方は……。


☆「ゴジラ」代表者 大田圭二氏コメント
東宝株式会社 取締役 映像本部 映像事業担当 兼 音楽事業担当 兼 チーフゴジラ・オフィサー)

ゴジラ」は65周年を迎え、共に周年イヤーの2019年コラボレーション出来たことを非常に嬉しく思います。5月31日には『ゴジラ対エヴァンゲリオン』のアトラクションスタートし、同日に映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開します。今回も映画『シン・ゴジラ』制作スタッフが再結集し、『ゴジラ対エヴァンゲリオン』という新たな挑戦に挑んでいます。他では絶対に体験できないコラボレーション、圧倒的なクオリティと迫力の映像にご期待ください。


☆「エヴァンゲリオン」代表者 神村靖宏氏
株式会社グラウンドワークス: 代表 エヴァンゲリオン版権管理担当)

エヴァンゲリオン」では、これまで3回ものユニバーサルクールジャパンでの取り組みをしていただき、今回は、遂に日本が誇る最強キャラクターゴジラ」とのコラボレーションです!『ゴジラ対エヴァンゲリオン』という響きだけでも胸躍ります。この響きの良さこそがこの企画のキモですが、その元ネタは何十年か前、僕らが学生だった頃の「“ゴジラ対XXXX”って面白くね?」てなオタクジョークだったんです。それがアトラクションになる事が本当に楽しみです。