キンプリ・永瀬廉初主演映画『うちの執事が言うことには』5月17日より全国ロードショー

【画像】映画『うちの執事が言うことには』タイトルロゴ

個性豊かで魅力的なキャラクターたちが織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化、累計発行部数110万部を超える極上のミステリー小説『うちの執事が言うことには』(角川文庫刊)が、豪華キャストを迎え待望の実写映画化。5月17日より全国ロードショーとなる。
主人公の、名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、昨年5月に「シンデレラガール」で鮮烈なデビューを果たし、6月19日には待望の1stアルバムKing & Prince』がリリースされる今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬 廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っている、という唯一無二のキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑む。

永瀬演じる花穎の新米執事・衣更月蒼馬役には、清原 翔。雑誌『MEN’S NON-NO』のモデルとして活躍しながら、NHK連続テレビ小説なつぞら』に出演中の若手注目俳優のひとりだ。この物語の軸となる“執事役”を、凛とした存在感で体現。若き当主と、仏頂面の執事――気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に立ち向かう。

さらには、大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、赤目刻弥を演じるのは永瀬と同じくKing & Princeの神宮寺勇太。物語の鍵を握るミステリアスな役柄でスクリーンデビューを飾る。

そして、King & Princeが歌う主題歌「君に ありがとう」が、個性豊かなキャラクターたちが織り成す物語の世界を彩る。

そして5月10日、本作で映画初主演を務めた永瀬が、地元・大阪に凱旋。共演の清原、神宮寺とともに、在阪局の生放送出演や、各取材に応じ、さらには、映画の公開を記念して“『うちの執事が言うことには』FM OH!LOVE FLAP』公開収録イベント in 大阪”を、もりのみやキューズモールBASEにて開催した。優先エリア招待客600名とフリー観覧エリアの観客と合わせて、約2,000人が集結。会場中に熱気がこもった。

定刻になり、3人が会場に姿を現すと、待ちわびた観客から一斉に悲鳴のような歓声が!「ただいま!!」とあまりの歓迎ムードに、うれしさと驚きを隠せない様子の永瀬が元気に挨拶。「おかえりー!!」という声援が飛ぶ。

「僕、今までこんな経験したコトないので、やっぱりKing & Princeってすごいなと思います」と清原も驚きの声をあげ、「ほんとぎっしりですねー」と神宮寺もうれしそう。会場のボルテージの高さにキャスト陣のテンションもあがっている様子。3人の一挙一動に起こる「キャ~」という熱い声援に「何しても喜んでくれて、ありがたい(笑)」と永瀬。

まずは、ラジオリスナーから募集をした質問に答えるコーナー。自身でガチャガチャをひき、ランダムに質問に答えていくというシステムだ。一問目は「互いの第一印象は?」。永瀬&神宮寺、清原それぞれに問うと、「ふたりとも礼儀正しいなと」と清原。ふたりはまんざらでもなさそう。しかし「でも、撮影が続くにつれて、廉は……ガキんちょだし(笑)、神(神宮寺)はガキんちょの部分と少し大人になりつつある部分もあるし、なんかちょっと年相応だなと思いました」とふたりの素顔を語る。

清原については「最初は、めちゃめちゃしゃべりづらかった」と若手組。「ただ、しゃべりはじめたらめちゃめちゃしゃべるし、なおかつ、僕らの(年齢)に合わせてくれてる?(笑)んで、優しい人やなぁと思いました」と互いに撮影で一緒に過ごすうちに仲良くなっていった様子だ。MCいわく「先ほども、裏でめちゃめちゃ仲良く、いちゃいちゃしてましたもんね」と言われ3人で「今はねー」と顔を見合わせた。

二問目は、「King & Princeが歌う主題歌『君に ありがとう』にかけて、お互いに『ありがとう』と感謝を伝えたいことはありますか?」。まず清原から「廉には、こんな話しかけづらい清原に話しかけてくれてありがとう」と、人見知りの自分に人懐っこくどんどん話しかけてくれ、みんなで仲良くなれたことに感謝の言葉を。神宮寺は、「すごく集中していたクライマックスシーンの日に、空気を読んでそっとしておいてくれてありがとう。おかげでシーンをやりきれました」と役者同士の気持ちが通じ合った撮影現場でのエピソードを披露。そして永瀬は「赤目が神(=神宮寺)で、執事が翔くんで、この役をふたりがやってくれたことに感謝です」と主演らしい言葉。

三問目は「撮影現場で流行っていたこと」。これについては「食べたいものしりとり」だったとのこと。できる条件は「おなかがすいているとき」。食べたいものを順に言って皆の共感を得られるか……という遊びだったよう。「こんないい雰囲気で撮影された映画がヒットしないわけがない!」とMCからも太鼓判が。

四問目はMCからの質問。12日の母の日と映画のタイトルにちなみ、3人それぞれの「うちのおかんが言うことには」……つまり、自身の母親からの教えを披露。「お母さんのことなんて呼んでました?」の質問も。永瀬は「今は母親ですけど、中学生の頃はおっかぁでした。小学生のとき、僕ティッシュをポケットに入れがちだったんですよ(笑)。そのまま洗濯したらえらいことになるじゃないですか。マジで勘弁して」というのはよく言われました」とのこと。清原は「僕は水道水をそのまま飲まずに沸騰させろと言われました」、神宮寺は「僕のお母さん渋くて、新しい靴をおろすときは、かかとにスミつけろとか、大人になってでっかいもの買うときは大安に買え」とか言われて、今も(かかとにスミつけるのは)やってます」とそれぞれ答えると、「いいお母様たちに育てられていらっしゃる!」とMC。

続いてのコーナーは、こちらもタイトルに絡めて「うちの執事が解くことには」。なぞなぞに答えて、1位ではないふたりに「映画の役柄になりきって、胸キュン言葉を言ってもらう」が発表されると、客席からは歓喜の声!

永瀬と神宮寺は後ろを向いたり天を仰いだり、清原は「(みんなふたりのが聞きたいんだから)俺が負けちゃだめなやつでしょ!」とそれぞれ反応。結果、清原が1位となり、永瀬と神宮寺が「胸キュン言葉」を言うことに。

一番手は、本作の主役、若き当主・烏丸花穎になりきった(?)永瀬。「あなたのことが好きです。烏丸という苗字もらっていただけないでしょうか」といつもの関西弁を封印し、劇中さながら優しく客席に語りかけると、客席からは悲鳴が。

続いて「とっておきのを出す!」と宣言した“国民的彼氏”の神宮寺は、大学生にして企業家・パティスリーのオーナー赤目刻弥風に、少しキザな感じで「大阪のみんな、空見て。綺麗だよね、空。ちゃんと見てる? 空、見てない? 1回見て! 次、俺見て。愛してる」……こちらも負けじと悲鳴のような歓声、続いて笑いも。

さらには「せっかくだから翔くんもやったほうがいいと思う!」という神宮寺の無茶ぶりにたじたじの清原。「思い浮かばないよ!」という清原に永瀬が助け舟として彼女役をかってでることに。イケメンふたりが向き合うだけで、観客はみな悶絶! 神宮寺の「うちの執事が言うことには メイキング バイ ラブストーリー よーい、はいっ!」のフリで、最初は照れていた清原も最後は男らしく「好き!」と永瀬を抱きしめ、それに永瀬も応えて熱い抱擁を。会場に集まった2,000人の観客全員がまちがいなく胸キュンしまくりの瞬間となった。

最後は、客席をバックにフォトセッション。永瀬の「僕の大好きな大阪に、主演映画を引っ提げて戻ってこられて、本当にうれしく思います。大阪からも『うちの執事が言うことには』盛り上げていきましょう」という言葉で締めくくり、大盛況イベントとなった。

翌11日も、番組生出演や番組収録に大忙し。永瀬の地元・大阪からも、日本全国に“うち執”旋風が巻き起こりそうだ。

映画情報
『うちの執事が言うことには』
5月17日(金)全国ロードショー
出演:永瀬 廉(King & Prince) 清原 翔 神宮寺勇太(King & Prince
優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上 淳
原 日出子 吹越 満 奥田瑛二
原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島 武
配給:東映
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

リリース情報
2018.12.12 ON SALE
King & Prince
DVDBlu-rayKing & Prince First Concert Tour 2018』

King & Prince ユニバーサル ミュージック公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/king-and-prince/

映画『うちの執事が言うことには』作品サイト
http://www.uchinoshitsuji.com/
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press