俳優の中井貴一主演で、三谷幸喜監督の最新作映画「記憶にございません!」(9月13日公開)に、有働由美子アナウンサーが「夜のニュースキャスター役」で出演。演技に初挑戦することを、各メディアが報じている。

 映画の主人公は、国民から嫌われ、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣・黒田啓介。記憶を失ったことを隠し、ギリギリなんとか日々の公務をこなすが、やがて、あらゆるしがらみから解放され、真摯に政治と向かい合い、次第に本気でこの国を変えたいと思い始める姿が描かれる。

 有働アナは昨年3月にNHKを退局し、フリーに転身。日本テレビ系ニュース番組「NEWS ZERO」のメーンキャスターを務めている。役柄の詳細については触れられていないが、おそらく、映画の中でも普段通りの“業務”をこなすことになりそうだ。

 「有働アナといえば、局アナ時代、三谷氏が脚本を務めた大河ドラマ真田丸』のナレーションに抜てきされるなど親交があった。晴れてフリーになったため、三谷氏の作品での女優デビューが決まったようだ」(映画業界関係者)

 有働アナといえば、NHKを退局時、ジャーナリストを目指すことを宣言し、話題になっていた。しかし、「NEWS ZERO」はなかなか固定視聴者ゲットできずに視聴率が低迷。“本業”で苦戦中にもかかわらず、今作で女優デビューを果たすことになってしまった。

 ネット上では、そんな有働アナに対し、「タレントっぽくやって行く方が楽しいもんね」「結局タレントで儲けたいってだけ」「何がしたいのかよくわからない」など厳しい声が浴びせられてしまっているだけに、“副業”はほどほどにした方が良さそうだ。

有働由美子