このオリジナル企画では、番組の進行役を務めるテレビ朝日久保田直子アナウンサーが、マツコ・デラックス有吉弘行に「私の悩みを聞いてください」と相談を持ち掛けることに。「人をご飯に誘えません。どうしたら気軽に誘えますか」という悩みに、マツコと有吉は「気軽になんて無理!」という見解を示し、有吉は「(いつも自分は)プロポーズくらいのつもりで誘ってる」とシャイな人柄をにじませた。
 マツコは「あなたは世の中の殿方にとって、気軽に誘える対象でじゃないからね」「重い!」と断言。重さのレベルを「婚姻届と朱肉と印鑑を常に持ってそう」とからかうと、久保田アナは苦笑いを浮かべるしかなかった。
 久保田アナ自身は「良い人いないです……」「誘ってももらえないし、誘えない」と途方に暮れているそう。久保田アナが番組序盤の悩み相談で「占いにハマりすぎている」と語っていたことから、有吉は「占い師とメシ食いに行きゃいいんだよ」「気軽に話せるんでしょ? それが一番合ってるよ」と婚活アドバイスを送った。
 有吉の助言で久保田アナが目を輝かせると、占いに否定的なマツコは「引くわ~」とポツリ。「怖いわ」「そりゃフラれるわ、社員に」「(久保田アナと別れた後)すぐ年下と付き合うよ」と、久保田アナの恋愛遍歴を想像した。久保田アナが狼狽して言葉を詰まらせると、「例えの話よ?」とあきれていが、マツコの想像、実は遠からずだったのだろうか。
MRXJ2J/A