ハウステンボス(所在地:長崎県佐世保市)では、ハウステンボス歌劇学院 第6期生の入学式を5月21日(火)に開催いたします。
 第6期生は地元長崎県出身者をはじめ、全国から18歳から22歳までの計16名となります。輝く舞台人を目指し、1年間で洋舞や日舞などの舞踊をはじめ、専門知識や一般教養などを幅広く学習。さらに今年からは琴などの和楽器も授業に取り入れていく予定となっています。修了後、2年目は研修生として各チームへ所属し舞台実習を積んでまいります。当日は、主賓・来賓の方々はじめ、紋付袴姿の歌劇 ザ・レビュー ハウステンボスの劇団生が見守る中、第6期生の代表者が新入生宣誓を行います。

2018年 第5期生の入学式の様子≫

ハウステンボス歌劇学院 第6期生 入学式 概要≫
■場所 ホテルヨーロッパ 「レンブランホール
■日時 2019年5月21日 10時11時
■式次第(予定)
開式
新入生入場
国歌斉唱
新入生呼名
学院長式辞 【学院長代理 ハウステンボス株式会社 執行役員 若尾政彦】
歌劇 ザ・レビューハウステンボス代表 式辞 【歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス代表 坂本 和子】
歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス 代表歓迎の言葉【男役トップスター 優雅(ブルーローズ)】
新入生宣誓 【6期生代表】
講師紹介
テーマソング斉唱
閉式
以上

◆歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス 沿革◆
2013年7月 歌劇経験者を筆頭に「ハウステンボス歌劇団」が発足
2014年1月 常設劇場「MUSE HALL」誕生とともに本格活動開始
5月 ハウステンボス歌劇学院 創設
2015年9月 「チーム光(シャイン)」と「チーム華(フラワー)」の2チーム体制
2016年4月 3チーム目「チーム心(ハート)」誕生
ラグーナテンボス愛知県蒲郡市)の劇場でも公演開始
2017年4月 次世代のトップスター育成目的の“優雅”率いる「ブルーローズ」誕生
「歌劇ザ・レビュー ハウステンボス」へ改名
2018年6月 4チーム目「チーム翔(ウィング)」誕生
現在は約80名の舞台人が所属し、ハウステンボスラグーナテンボス愛知県蒲郡市)での2つの劇場で各チームが各演目を披露している。

【参照】
ハウステンボス歌劇学院 1年目終了実績
第1期生(2014年入学)18名
第2期生(2015年入学)15名
第3期生(2016年入学)17名
第4期生(2017年入学)10名
第5期生(2018年入学)16名

ハウステンボス歌劇学院  概要◆
■修学期間
2年間全日制
*1年目 学院レッスン
*2年目 舞台実習期間を経て入団試験後、歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス

※当日、ご取材にお越しの際はウエストゲート駐車場をご利用いただけます。
事前に車種とナンバーをご連絡ください。

配信元企業:ハウステンボス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ