国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関であるICOMOSは13日、日本最大の前方後円墳仁徳天皇陵古墳』(大山古墳、堺市)を含む大阪府南部の『百舌鳥・古市古墳群』を世界文化遺産に登録するよう勧告した。

全49基の古墳が対象となっており、文化庁が14日未明、発表した。

6月30日7月10日アゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる見通しだ。

今回の天皇や皇族が葬られた「陵墓」が世界遺産になるのは初めてで、令和に入り最初の世界遺産となる。

登録されれば日本の世界遺産は文化が19、自然が4の計23件となる。

文化遺産の登録は、2013年の“富士山”から7年連続の登録となる。


(※↓詳しくはコチラへ)
参照:「仁徳天皇陵」含む古墳群、世界遺産に 諮問機関が勧告  :日本経済新聞
参照:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

仁徳天皇陵古墳が世界遺産に。ICOMOSが登録を勧告する。