wall1

image credit:photo by youtube

 世界50ヵ国に70以上存在するGoogleオフィスは、それぞれにユニークでハイセンスでかっこいいことで知られている。

 そのうちのいくつかのGoogleオフィスでは、窓ガラスが巨大な「付箋アート」のキャンバスになっているようだ。

 長い一日の仕事の終わりにリラックスするために、そして仕事場をもっとパーソナルな場所にするために、「付箋アート」を楽しむグーグラー(Google社員)も多いみたいだよ。

―あわせて読みたい―

アメリカのオフィスワーカーのデスクランチが悲惨すぎて泣けてきた
デスクワークも辛いんじゃ~!殺伐としたオフィスにユーモアを。日常を非日常に変える13の方法
都会のオアシスってこういうこと?高層ビルの壁面にダイナミックな「人工の滝」を標準完備のオフィスビル(中国)
オフィスでも引きこもりがはかどるぅ~。完全に自分の世界にこもれる、こもりきれるヘルメットが爆誕
モスクワにあるレゴのオフィスをのぞいてみよう!

社員同士の挨拶がきっかけでトレンドとなった「付箋アート」


How Googlers turned an office into a sticky-note art gallery

 その名の通り、窓ガラスに付箋を貼りつけてさまざまなキャラクターなどをドット絵風に描く「付箋アート」。

 あるGoogleオフィスでは、通路の向こう側にいる社員の挨拶がきっかけで始まったという。

 窓ガラスに鮮やかな色の付箋で「こんにちわ!」と描いて挨拶したところ、相手はちょっと恥ずかしそうに控えめに付箋でチームロゴをかたどって返信。

 しかし、もっとクリエイティブに、と思い直したのかその後すぐにピンク色をした巨大なドット絵ポニーが出現したそうだ。

wall2

image credit:photo by youtube

ドット絵のマリオやピカチュウがGoogleオフィスの窓にいっぱい!


 一握りのグーグラーから始まった「付箋アート」だったがすぐに社内でトレンドとなった。グーグル社の「10x(10倍の成果を出す)」というモットーも手伝って、どんどんすごい作品が現れた。

 その結果、このオフィスの窓ガラスには、ピクセル絵のマリオルイージピカチュウなど、ありとあらゆるキャラクターが描かれることとなった。

 「付箋アート」の初期メンバーであるJakub Gielzakさんらによると、メインとなるチームなどは特にないようで、それぞれのグーグラーが最善を尽くしてそれぞれに判断しているとのこと。

wall3

image credit:photo by youtube

 ただ、アートをよりポップにするために黒色の付箋をアウトラインとして使うこと、太陽光がよくあたる窓に貼る場合は粘着力がすぐに弱くなるので注意することなど共通認識はあるようだ。

 また、付箋がくるっとカールしないように、横方向にそっとはがすのもポイントだそうだ。

 けっこう難しいんじゃないかと思うんだけど脳のリフレッシュにいいかも。自宅の窓でチャレンジしてみる?

References:YouTube / Neatorama / Blog.googleなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52274211.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

ヘヴィメタルを聴きながら激しく編め!ヘドバンしながら編み物をするコンテストがフィンランドで開催中
1970年代のペアルックの破壊力・・・
子供の頃ポケモンのゲームに熱中していた人の脳には「ポケモン領域」がある(米研究)
世界の名だたる数学者がこぞって日本のチョークを買い求める理由
肝試しにもほどがある。顔にG将軍を乗せる「ゴキブリチャレンジ」が東南アジアで広がっている件(※ゴキブリ出演中)

―動画の紹介記事―

犬の子1匹通さない。あの猫の野外警備隊たちに犬のぬいぐるみ(鳴き声装置付き)を仕掛けたらどうなるのか?
ちょっと通りますよ。巨大ヘビ、アナコンダ様が高速道路を横断する衝撃の現場映像(ブラジル)※ヘビ出演中
かまってほしいならそう言えばいいのに……(ゴハン心の声)。ついうっかりハスキーの足を踏んでみた件について
最近のアメリカの小学生が習う2桁のかけ算の解き方と以前の解き方を比較した動画に関する海外の反応
タコの踊り食いに挑戦した女性、タコの吸盤攻撃で顔面を負傷(中国)
オンリーGoogle?グーグルのオフィスのガラス窓は巨大な「付箋アート」のキャンバスになっていた件