表参道高校合唱部!」(2015年TBS系)で連続ドラマ初主演、平成28年度後期・連続テレビ小説べっぴんさん」(2016-2017年NHK総合ほか)で“朝ドラヒロイン、そして2019年には「第42回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞するなど、類まれな演技力と“ヒロイン感”の強いピュアビジュアルで着実にステップアップを続ける女優・芳根京子

【写真を見る】クールな表情ではグッと大人っぽく…芳根京子の美麗グラビア

そんな芳根が5月17日(金)公開の時代劇映画「居眠り磐音」では、主人公・坂崎磐音を一途に想う許嫁(いいなずけ)・小林奈緒を演じる。

同作は、シリーズ累計発行部数2000万部を突破した佐伯泰英の同名小説を原作に、昼間はうなぎ店で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う主人公・磐音(松坂桃李)が、時に下町の人々と温かく交流し、時に悪をさっそうと斬る姿を描く“令和”最初の時代劇映画。

今回同作に出演する芳根にインタビューを行い、愛する人を一途に思う奈緒役への思いや、女優デビュー6年の“いま”の手応え、そしてタイトルにちなんで「居眠り」エピソードを語ってもらった。

――いよいよ映画が完成しましたね。作品をご覧になった印象はいかがですか?

まずは無事に完成を迎えたことをうれしく思います。奈緒は磐音さまを“待っている”ということで、実際に松坂さんとご一緒させていただいたシーンは少なかったのですが、完成した作品を見て自分がこの世界に入れているということを実感しました。

それに磐音さまがいろいろな所で「奈緒」という名前を発してくれているのを見て、とてもうれしかったです。

――とてもつらい立場になる役どころですが、演じる上で心掛けたことはどの辺りでしょうか?

とにかく「ひたすら磐音さまを一途に思い続ける」ということを第一に考えていました。

常に磐音さまのことを思いながら、大切に1シーン1シーンやらせてもらったという印象です。

――奈緒は言葉遣いがとてもキレイですよね。

やはり時代劇ということで、言葉遣いに関してはキレイにしようと強く意識しました。それに磐音さまが本当にすてきな方なので、ああいうすてきな方が好きになる女性、というのはどんな方なのかなということも考えて、役を作っていきました。常に“磐音さまの横にいる女性”ということを意識しています。

――奈緒の一途な部分は共感されますか?

私はそこまで一途に誰かを想った経験がないから分からないのですが、ああやって待ち続ける女性について特別違和感を覚えなかったので、自分も気持ちが分かるんだろうなと思いました。

――3年間別れる前の回想シーンで「24歳から27歳までの磐音さまを知ることができない」というせりふが特に印象的でした。

この時代ならではのことですよね。松坂さんも取材で仰っていたのですが、“運命”ということを強く意識させられるシーンでした。

今でこそ、離れ離れになったとしてもいろんな連絡手段がありますし、会おうと思えば会う手段はいくらでもありますが、この時代は一度離れたら戻るまでそう簡単には会えない。

でも、そこには時代劇ならではの温かさや悲哀があって、何でも便利になることが、必ずしもいいことばかりでもないのかなと思いました。

――確かに今なら日帰りで往復できる距離ですよね(笑)。地方ロケはどうでしたか?

私は京都や彦根で撮影しましたが、とても楽しかったです。京都は撮影所でロケをすることができてうれしかったですし、緊張しました。それに京都で初めて車折(くるまざき)神社に行ってきました。

こういうふうに京都で撮影するタイミングに行けたらいいなと思っていたので、その夢もかなってうれしかったです。

■ 私にはこういう一面もあるんだぞ、というのを見ていただきたい

――土屋太鳳さんとのW主演映画「累 -かさね-」(2018年)、「散り椿」(2018年)で日本アカデミー賞の新人俳優賞に、主演ドラマチャンネルはそのまま!」(2019年)では世界190カ国以上にNetflixグローバル配信で世界へ。女優デビューから6年になりますが、現在女優・芳根京子としての手応えは?

最初は女優だってずっと続けられるか分からない、という気持ちでやってきて、20歳と22歳が一つの区切りかなと思っていました。

その年齢を迎えた時に自分がどこにいるかによってこの仕事を今後も続けるかどうか決めよう、ってマネージャーさんと話していて…。

19歳のときに「べっぴんさん」で主演をさせてもらって、その前に「表参道高校―」で主演させてもらって、それらを経て意識が変わりました。

この2作品で主演することができたことによって20歳の自分の目標ラインは達成できたのかなと。

今年22歳になり、同級生のみんなが新社会人として働き始めたタイミングで、今度は日本アカデミー賞の新人賞を頂けて、私もやっと映画の世界に入れていただけたなと感じました。

友達と同じように新人として再びスタートラインに立ち、22歳からまた新たに女優としての人生が始まるんだなと。

公開的には「居眠り磐音」が22歳になって1本目の作品になるので、私にはこういう一面もあるんだぞ、というのを見ていただきたいですし、それこそ「チャンネルはそのまま!」のようにコメディーっぽい面もありますし。そういういろいろな姿をここ1、2年で特にお見せできているのかなって思います。

自分でも思った以上にこれまでいろいろな経験をさせてもらっているので、すごくうれしいですし、私自身今後が楽しみだなと思っています。

これからどういう役に出会えるのかとか、どういう壁に立ち向かうのかなという怖さもありますが、それ以上にワクワクしています。

――最後にちょっとユルめの質問を。「居眠り磐音」というタイトルにちなんで、“居眠り芳根”になる瞬間は?

そうきましたか(笑)。どちらかといえば、私はどこでもコテンって寝られちゃうタイプなので、居眠りは移動中にすることが多いですね(笑)

先日も舞台で高知に行っていたのですが、離陸の瞬間を覚えていないくらいすぐに寝ていました! 

どこでもすぐに寝られるんですけど、その分起きようと思ってもなかなか起きないので…着陸の音が離陸の音だと勘違いしたことも(笑)

離陸したのかなと思ったら「あれ? もう羽田に着いた?」とか、これから1時間寝るぞー!と思った矢先に「あれ? もう着いた」ってことも多々あるので、睡眠に関しては困りません。(ザテレビジョン・取材・文=蒼野星流)

芳根京子がインタビューに応じた