DeNAが運営するサブカルチャーに特化したニュースキュレーションアプリハッカドール」のサービスが、2019年8月15日をもって終了します。公式ブログで発表されました。

【画像】「ハッカドール」のアプリ版

 「ハッカドール」は2014年8月15日に開始。“君にシンクロするニュースアプリ”を副題に、ユーザーの嗜好性を自動学習して、アニメゲーム、漫画、声優、ライトノベル、特撮といった世間のサブカルチャーニュースから好みに合った記事を厳選して配信してきました。

 「ハッカドール1号」や「ハッカドール2号」といったオリジナルキャラクターメインナビゲーターとして記事を届けるのも大きな特徴。配信記事のうち3件以上を閲覧するとイラストが獲得できる「エンドカード」機能といったキャラコンテンツが豊富で、2015年にはテレビアニメハッカドール THE あにめ~しょん」が放送させるなどメディアミックスも展開されました。

 運営チームサービス終了の理由について、2018年アプリ内でアニメリストを改修したりトレンド機能を実装したり、ハッカドールたちをバーチャルYouTuberデビューさせたりとユーザー拡大のために試行錯誤してきたものの、「大きな改善は難しく、結果として、みなさまの期待にお答えできるような、ニュースアプリサービスを継続提供していくのは難しいという判断に至りました」と説明。5周年の区切りで終了することを2018年末に決定したといいます。

「『エンタメとの出会いを提供し、楽しむことをはかどらせる橋渡し役』となるべく、提供してきたニュースアプリハッカドールですが、この変化の激しい世の中で、なんとか5年もサービスを継続できたのは、マスターさんたちのおかげです。TwitterYouTubeでいただいた、マスターさんたちの声、一同いつも嬉しく感じ、励みになっています。本当にありがとうございました」(運営チームコメントより)

 サービスWeb版も同時に終了予定。プレミアム会員といった各サービスアカウントの終了スケジュールについては公式ブログで案内しています。

サービス終了を発表する「ハッカドール」公式ブログ