現在、60数カ国と世界の人口の65%以上をカバーする「一帯一路」(the Belt and Roadエリアが、世界最大規模の地域レベル観光市場になっている。データによれば、年間の旅行者数がのべ50億人を超える中国は、この市場の牽引役になりつつあるという。南方網が伝えた。
旅行予約プラットフォームの同程旅網はこのほど、「2019年中国住民『一帯一路』海外旅行ビッグデータ報告」を発表した。海外旅行のビッグデータに基づいて、過去1年間の中国人観光客の「一帯一路」エリアにおける観光消費の状況を分析したものだ。それによると、エリア内の経済貿易交流がますます密接になるのにともない、中国は今や「一帯一路」沿線の多くの国にとって最大の観光客供給源になっており、各国では滞在先が1カ所だけ、文化追求型などの「ディープツアー」が急速に発展しつつある。
18年の中国国民の海外観光客数はのべ1億5000万人に迫り、中国は世界で海外旅行者を最も多く供給する国になり、また「一帯一路」沿線国にとって重要な観光客供給源になっている。同報告が公開資料に基づいてまとめた統計によれば、中国は現在、タイ、ベトナムシンガポールマレーシアカンボジアロシアなどの「一帯一路」沿線国のインバウンドにとって1番目の観光客供給源であり、ドイツにとってもアジアにおける最大の観光客供給国だ。中国とこうした沿線各国との経済貿易交流や民間交流がますます密接になるのにともない、中欧・東欧地域の一連の国では中国人観光客受入数が爆発的に増加した。18年には、チェコハンガリークロアチアエストニアポーランドなどの中欧各国が中国人観光客の受け入れ規模で軒並み新記録を達成し、前年比増加率はすべて20%を超えた。
「海上シルクロード経済ベルト」では、タイ、ベトナムシンガポールマレーシアインドネシアフィリピン中国人観光客受入数の多い国となっている。中でもタイはのべ1千万人に達して首位にどっしりと座る。同報告によれば、東南アジアの島嶼ツアー中国人観光客に最も人気のあるツアータイプで、モルディブ、バリ島、ボラカイ島、ニャチャンなどが特に人気だという。
また昔から人気がある一連の欧州ツアーの目的地も好調だ。18年にトルコが受け入れた中国人観光客はのべ39万人に上り、同59%増加した。ギリシャはのべ15万人で同50%増加、英国はのべ45万人で同34%増加。イタリアはのべ500万人に達して同21%増加し、中国人観光客に最も人気のある欧州ツアーの目的地になった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

現在、60数カ国と世界の人口の65%以上をカバーする「一帯一路」エリアが、世界最大規模の地域レベル観光市場になっている。データによれば、年間の旅行者数がのべ50億人を超える中国は、この市場の牽引役になりつつあるという。写真はソウル。