インドサッカー連盟(AIFF)は15日、クロアチア指揮官のイゴール・シュティマッツ氏(51)のインド代表監督就任を発表した。契約期間は2年となる。

インド代表ではAFCアジアカップUAE2019終了後にイングランド指揮官ステファン・コンスタンティン前監督が退任。その後、後任監督を探していた中、過去にクロアチア代表を率いた経験を持つシュティマッツ氏を招へいすることになった。

現役時代にクロアチア代表のセンターバックとして活躍したシュティマッツ氏は、母国のハイデュク・スピリトやクロアチア代表、イランのセパハンの指揮官を歴任。その後、2017年カタールのアル・シャハニアを退団して以降、フリーの状態が続いていた。

サムネイル画像