Credit:pixabay

Point
■脊髄損傷に対する画期的な再生医療が日本で保険適用
■患者自身の「間葉系幹細胞」を取り出し、増やしてから本人に戻すという治療
■1回の点滴で劇的な効果
■臨床試験が終わり製品化されて今年には保険適用も決まっており、もうすぐ治療開始

札幌医科大学が今月から、脊髄損傷に対する画期的な治療を開始する。

この治療はNHKスペシャルで紹介されて話題となり、文藝春秋6月号でも「ペニシリン以来の大発見」と報じられたものだ。

ペニシリンとは世界初の抗生物質だ。その後に開発された様々な抗生物質が、感染症の治療薬として当たり前となっていることを考えると、「ペニシリン以来の大発見」とまで言われる新治療がどんなものなのか興味が湧いてくると思う。今回はその治療法について分かりやすく解説したい。

気になる新治療の治療法とは

これまで脊髄損傷は手術でも治せないとされ、リハビリで少しずつ生活を取り戻すしか治療手段はなかった。ところが今回、脊髄損傷に対する世界初の画期的な治療法が開発された。

その治療法は、脊髄を損傷した患者さん自身の血液や骨髄液から「間葉系幹細胞」を取り出し、特別な施設で培養し、「間葉系幹細胞」が1億個に増えたら患者さんの体に点滴で戻す。

Credit:札幌医科大附属病院

間葉系幹細胞」というのは未熟な細胞で、様々な細胞になる能力をもっている。神経細胞にもなれる能力があり、患者さんに投与されると損傷された脊髄の周りの炎症をしずめたり神経の再生を行ったりすると考えられている。

この新しい治療法の臨床試験は2013年から行われていた。この試験が2017年に終わり、点滴が製品化され、今年に入って保険適用されることも決まった。

ついに脊髄損傷の新しい治療が日本で行えるようになったのだ。臨床試験を行った札幌医科大学では5月中旬以降からの治療開始を予定して患者が募集されている。

この治療の開発から保険適用までの期間は他の薬に比べ短かったが、その理由のひとつは13例のうち12例が改善したという劇的な効果だ。

たとえば脊髄損傷により四肢麻痺となった患者さんが翌日には肘や膝が曲がるようになり、12週間後には普通に歩けるようになっていたそうだ。これまで治ると思われていなかった脊髄損傷にこれだけの効果があるとは驚きだ。

保険適応、さらに高額療養費制度が利用できる

治療は点滴を1回行うだけ。その1回は1500万円もするのだが、先程述べたように急性期に限ってではあるが保険が適用されるため、3割負担で450万円となる。さらに高額療養費制度を利用すれば、年齢や収入によるが、入院代などを含めても最大で月23万円ほどですむだろう。

この脊髄損傷の新しい治療薬は、自分の細胞が使われていること、静脈注射であることから体に優しい治療ともいえる。

札幌医科大学では脳梗塞に対する再生医療の臨床研究も行われている。今回の成果がたくさんの優しい再生医療の開発を促すことを期待したい。

世界で初めて人間の細胞から心臓を3Dプリントすることに成功!

reference:文春オンライン札幌医科大附属病院, NHK, 厚生労働省, written by かどや

今月から開始された話題の脊髄損傷治療って?