昨年12月ファンの男性から暴行を受け、今月18日に新潟市で卒業公演を行うNGT48山口真帆の卒業公演タイトルが「太陽は何度でも」に決定したことが14日、同グループの公式サイトで発表された。

 公演には同じく卒業する菅原りこ、長谷川玲奈も出演。現時点で発表されているメンバーは3人だが、公式サイトでは「出演メンバーは急遽変更となる場合もございます」としている。

 「おそらく、公演には“山口派”でグループに残留する村雲颯香も出演することになるのでは。山口は14日、会員向けの有料メールを送信し12日にリハーサルを開始したことを報告。『こんなに早く卒業してしまったから、色んな私たちを最後には見て欲しい』などと公演に向けて意気込んだ」(芸能記者)

 そこで気になるのが山口の卒業後。元AKBグループ総支配人の戸賀崎智信氏が14日、ツイッターを更新。山口の騒動に触れた自身のツイッターの投稿内容に関連して開く20日の「説明会」を、動画配信サービスニコニコ生放送で生配信すると発表。ニコ生の番組の説明を見ると、同日、午後6時から音声のみ配信されるという。

 「説明会で“爆弾発言”があれば、NGTの運営会社・AKSにさらなる逆風が吹き荒れ、事態が収拾できなくなる可能性もありそう」(同)

 GW中、一部スポーツ紙が、AKSが山口の事件の加害者2人を提訴したと報じたが、その記事では、民事訴訟か刑事訴訟か、また、どこの地裁に提訴したかは触れられていなかった。

 「おそらく、加害者が新潟に住んでいるので新潟地裁に提訴したのでは。とはいえ、世間に対する“ポーズ”での提訴で、口頭弁論の期日が決まる前に和解して決着する可能性もありそうだ」(司法担当記者)

 とりあえず、20日の戸賀崎氏の発言が注目される。

NGT48・山口真帆