【元記事をASCII.jpで読む】

 2010年から開始したOpen Network Labは、今年で9年目を迎え、これまで支援してきたスタートアップ104社にのぼる。今期18期は91社の応募があり、医療・ヘルスケア領域、不動産領域に増加傾向がみられた。Demo Dayでは、採択された7社のうち、4チームピッチが実施された。

外国人の住宅探しと入居審査を効率化

 「Homekuru」は、住まい探しに悩んでいる外国人向けの不動産ポータルサイト外国人が日本で住宅を探すとき、地域の物価や生活環境の知識が乏しく、一般の物件検索サイトの情報だけではわかりづらい。また、入居審査のハードルも高く、内見後に断られることもあるという。貸し手側にとっても、外国人向けの情報や入居審査などを用意するのは手間がかかる。

 そこでHomekuruでは、各物件の周辺の写真、住みやすさ、飲食店などの暮らし情報に加え、住民による口コミレビューも掲載。その数は200件にのぼる。また、サイトから事前に入居審査を提供しており、内見から入居までの時間と手間を効率化できる。収益モデルは、成果報酬と広告収入。将来的には、サイトで収集したデータの活用により、物件やリフォーム、保証業務への提案によるマネタイズもしていくという。

15秒だけ歌えるカラオケバトルゲーム

 「カラバト」は、十代をターゲットにしたカラオケバトルアプリ。10代にはカラオケの録画や投稿ができるアプリが人気だが、60秒以上を歌い切らなければならず、1発録りが難しい。歌い切るのは疲れるし、聴く側も途中で飽きてしまう。

 カラバトは、カラオケ曲を15秒間の1フレーズに短縮。ユーザーが歌いたいサビ部分だけを歌って、テンポよく楽しめるのが魅力だ。また、1対1のカラオケバトル機能を搭載。歌声を投稿すると、同じフレーズを歌った相手と自動的にマッチングする仕組み。対戦結果はユーザー投票で決まり、聴き手も参加できるのが特徴だ。さらに、9種類のオリジナルアバターを用意し、自身の顔をさらすことなく、表情豊かな歌唱を演出できるという。現在は、α版をiOS向けに公開。アプリは無料で提供し、ボイスエフェクトアバター等の追加機能でアプリ内課金をしていく予定だ。

AIによる頭髪・頭皮診断でクリニック並みのセルフケアを実現

 「HIX」は、国内初の男性型脱毛症自己管理アプリ。薄毛のセルフケアをしている男性は約1千万人いるが、そのうち6割以上は、自分に合った対策がわからないと感じている。その原因は、そもそも自分の頭皮の状態を把握できていないからだと話す。

 HIXは、アプリと専用のマイクロスコープを使い、科学的根拠に基づく、適切なセルフケアを支援する。アプリのガイダンスに従い、マイクロスコープで頭皮を撮影すると、毛髪の太さや頭皮の状態を数値で把握できる。さらに、問診によって自分に合った対策を受け取り、クリニックの検索、おすすめのケア商品の購入も可能だ。毛髪と頭皮の状態の測定→問診→対策を繰り返すことで、効果的な薄毛対策に取り組める。

面倒な不動産の相続手続きから売却までをサポート

 「e-相続」は、不動産の相続手続きを効率化するサービス。相続した不動産の名義変更手続には、大量の必要書類を集めて申請書を作成しなくてはならず、一般的に3ヵ月の時間がかかるという。こうした手続きの煩雑さから、放置された空き家は社会問題にもなっており、法務省では相続登記の義務化が検討されている。

 e-相続では、必要書類の一括取得と、申請書の自動作成が可能だ。役所に足を運ぶことなく書類がそろい、いくつかの質問項目に答えるだけで申請書が完成する。マイナンバーカードがあれば、法務局へのオンライン申請も可能だ。利用料金は1万円で、司法書士に依頼した場合の費用の10分の1で済む。今後は相続手続きだけでなく、相続した不動産の売却もサポートしていく予定だ。

 ここまでの18期生ピッチに続いて、Open Network Labの卒業企業3社によるピッチも実施された。

民泊+賃貸で空き物件を収益化「nimomin

 賃貸マンションを民泊とマンスリーマンションに変える民泊管理サービス。住宅宿泊事業法の「年間185日以上を住宅用として利用」という条件を、民泊とマンスリーマンションを組み合わせることで解決する。2018年には民泊物件借上ファンドを設立し、半年で3億円の投資を実施。

高齢者と支援者をつなぐマッチングサービスイチロウ

 介護保険では、長時間の介護や同居家族のいる場合の家事のサポートが受けられなくなっている。そこでイチロウは、介護保険を補完する役割として、支援の必要な高齢者と介護士のマッチングプラットフォームを運営。資格をもつヘルパーによる長時間の介護、通院の付き添い、家事、話し相手など、あらゆるニーズに応える。現在は1時間1800円~3000円の価格帯で提供しているが、将来は、高価格帯のサービスへと広げ、介護士の給与改善も目指す。

キャンセル物件に安く泊まれる「cansell

 キャンセルしたい宿泊予約を売買できるサービス。不正な売買を防ぐため、出品された宿泊予約をスタッフが審査し、本当に予約されているかどうかを確認。また、高額転売されないように売買金額に制限を設けているのが特徴だ。売り手はキャンセル料の支払いを軽減でき、買い手は通常よりも安く泊まれるのが魅力。日本旅館協会からも推薦を得ており、今後の活躍が期待される。

「e-相続」が最優秀賞とオーディエンス賞を受賞

 審査の結果、最優秀賞と来場者の投票によるオーディエンス賞を「e-相続」が受賞。書類作成から売却までワンストップサービスであること、相続税の電子申告が始まるタイミングの良さが評価された。また、審査員特別賞には「カラバト」が選ばれた。

 なお、Open Network Labは第19期の参加者を募集している。採択企業には、ハンズオンでのブラッシュアップ、国内外メンターによるメンタリングの提供、活動資金やスペースが提供される。応募締め切りは5月27日(月)正午までとなっている。

カラオケアプリから相続問題まで 時代のニーズに応える新ビジネス