子供がスマホタブレットの画面を見て過ごす時間とADHDの関係性を示すショッキングな研究結果が発表され、話題となっています。

ADHDとは「注意欠如・多動症」と呼ばれる、不注意・多動性を伴う神経発達症の1つです。

カナダアルバータ大学の研究チームカナダに住む3~5歳の幼児3500人を対象に調査を行い、1日2時間以上画面を見て過ごす幼児はADHDになる可能性が7倍高くなる、という衝撃的な結果を発表しました。

この発表では「画面時間(画面を見る時間)」が幼児に与える影響が浮き彫りとなりました。

画面時間が1日2時間以上の幼児は全体の7分の1に達し、そのADHDになる確率は7.7倍にのぼることが判明。また、画面時間が30分以下の幼児に比べ5倍の確率で問題行動を起こす事もわかったのです。

その他の大きな発見は2つありました。

1つは、画面時間の長かった3~5歳児は、5歳に達した時の注意力や言動に深刻な問題が見られたという事。

もう1つは、「画面を見る」事は他のどのリスク要因(睡眠・育児ストレス・金銭問題等)よりも影響力が大きかったという事です。

政府が推奨する子供の画面時間にも疑問が持ち上がりました。

カナダ政府が推奨する1日1時間に対し3歳児の調査結果は1日平均1.5時間と、推奨時間より長い事が明らかになったからです。

「画面時間は1日30分以下が望ましく、幼少期から情報端末を与えるべきではないと考えます。」と、研究リーダーは警鐘を鳴らしています。

研究チームはまた、この幼児の問題行動をどのようにしたら減らせるかという事にも着目し、組織的スポーツ活動に参加する事が一番効果的である事を突き止めました。

意外にも運動そのものではなく、「組織化された活動の中に身を置く事」「組織的活動を通して学ぶ事」が最も効果があり、参加時間が長ければ長いほど問題行動を起こさなくなる事もわかりました。

画面時間と心の健康がどの様に結び付いているのか、その多くはまだ解明されていません。

この研究では親が自己申告したデータを使用したため正確性に疑問は残りますが、携帯・ビデオメッセージソーシャルメディアの存在は、子供の心の健康に様々な影響を与えているのは確かだと言えるでしょう。

「情報端末との正しい付き合い方を教えるのに幼児期は非常に大切な時期」だというこの研究結果は、スマホとの付き合い方に一石を投じるものになりそうです。

子どものスマホを見る時間をどのくらいに制限すべきなのか?(pixabay)