NMB48の各チーム近畿地方で計10公演を行うツアーNMB48近畿十番勝負2019」が3月26日から4月23日まで開催されました。今回は4月1日、大阪・オリックス劇場で行われた川上チームNの公演をレポートします。

【写真を見る】『シャワーの後だから』を披露する左から大段舞依・吉田朱里・石田優美 

<出演メンバー

チームN:石田優美・磯佳奈江・太田夢莉・大段舞依・川上千尋・河野奈々帆・清水里香・武井紗良・谷川愛梨・西澤瑠莉奈・村瀬紗英・森田彩花・吉田朱里

研究生:大田莉央奈・菖蒲まりん・前田令子

●大奥コーナーで谷川愛梨のアドリブが冴えわたる!

 川上チームNの初オリジナル曲『焼け木杭』からスタートセンターは太田夢莉。吉田朱里と村瀬紗英がその両脇を固める。『孤独ギター』、『Pioneer』のシンクロ率が高く、美しいダンスで観客を魅了すると、『正義の味方じゃないヒーロー』では、吉田と太田がそれぞれトロッコに乗り、1階客席の通路へ。冒頭からサービス満点!

最初のMCで、キャプテン川上千尋が「今日はエイプリルフールだったり、新元号が発表されたり、日本全国がいろんな話題で盛り上がっていますが、オリックス劇場が一番盛り上がってるぞと言えるように、皆さん、声出していきましょう!」と挨拶。自己紹介では研究生の前田令子が「新元号が令和ということで、令子の時代だ~!」と、旬な話題に乗っかり、自身をアピールした。

続いて、今回のツアーの各チーム共通企画、大奥のコーナー。難波王国の大奥という設定で、16人の姫(メンバー)の1人が案内人となって進行する。チームNは谷川愛梨。彼女の手には、難波王国に代々伝わるという媚薬入りのお香。それを嗅ぐと「目の前にいる方のことを、好きで、好きで、どうしようもなくなってしまうんです。そんなに引かないで下さい」(会場爆笑)。そして、観客の1人を指名し、「あなたはどの姫がお好きですか?」と問いかける。お香の効果で、2人が「愛梨ちゃん!」と答え、「気分がいいですわ~」と、上機嫌の愛梨姫。ところが3人目で「夢莉ちゃん!」と答えられ、「今までの流れを見てました?ひどいですわ。こんなに美しい姫があなたの目の前にいるにも関わらず…間違えました?もう遅いですわ」などと、絶妙な受け答えで、会場は爆笑の渦に。「私だけでは物足りないようですね」と、16人の姫が全員登場。『恋愛ペテン師』を披露した後、愛梨姫が「今宵、この中の1人を選べるのは、そこのピンクのあなたですわ。どの姫にいたしましょう?」と問いかける。「アカリンさん?そ、そんな…ひどいですわ。あんなにど真ん中でポーズを決めている姫(=太田夢莉)がいるのに(会場爆笑)。もう一度チャンスをあげますわ。空気を読んで下さい。そこの女性の方、あなたはどの姫を選びますか?ゆーり!?お目が高いですわ。この大奥一の姫でございます!」と、太田をセンターに『美しき者』を妖艶にパフォーマンス。太田が「いい夢は見られましたか?」と語り、大奥コーナーを締め括った。

シングル曲の選抜メンバー衣装でパフォーマンスも!

ユニットコーナーは、3月10日に初日を迎えたばかりの「N Pride」公演と同じ曲、同じメンバーで、川上チームNの魅力を存分にアピールした。

ライブの中盤は、『ドリアン少年』、『純情U-19』、『オーマイガー』、『北川謙二』と、盛り上がり必至のシングル4曲!しかも、メンバー4人ずつ、その4曲の選抜メンバーが着ていた衣装でパフォーマンスするという初の試みで湧かせた。(*セットリストは各チーム共通)

終盤は、『欲望者』、『甘噛み姫』、『ナギイチ』、『僕らのユリイカ』、『高嶺の林檎』、『ワロタピ―ポー』のバラエティに富んだシングル6曲を披露!『僕らの~』では、村瀬と川上がトロッコで1階客席の通路へ。最高潮の盛り上がりを見せて、本編は終了。(*セットリストは各チーム共通)

アンコールでは、会場の2階、3階にもメンバーが登場!1階の通路では、上手側と下手側にお立ち台を設置。メンバーサイン入りボールを投げ、観客を熱狂させた。

川上千尋が流した涙の理由

川上千尋キャプテンの仕切りで、メンバーに今後の抱負を聞いていく。

大田「私は数日後に研究生のライブも控えているんですけど、チームNさんのライブに出させていただいて、勉強になることが多かったので、それを取り入れて、研究生のライブでも、負けないぐらいのパフォーマンスをしたいと思います!」

清水「私は新チームに同期が誰もいなくて、最初は不安な気持ちがあったんですけど、本当に毎日が楽しくて、後輩も含めて素敵なメンバーばかりで、尊敬したり、憧れたりするところがたくさんあります。なので、私もそういう人になれるように、たくさん努力します!」

谷川「私は演技が好きで、演技のお仕事をしていきたいと思っているんですけど、(大奥コーナーで)舞台での経験が活かされたかなと思いました。私もいつかは本当の(ドラマや舞台などの)大奥に出られるように頑張りたいと思います!」

川上「私は1月1日チームNのキャプテンに任命されました。チームのことを考えたり、みんなをまとめることがすごく難しくて、こんな私がキャプテンでいいのかなって思ったりもしていたんですけど、そんな時に助けてくれる、そばにいてくれるのはチームNのメンバーで、キャプテンになってから毎日充実しているなと、ポジティブに考えられるようになりました。まだまだ未熟なキャプテンですが、前のチームNの良さを取り入れつつ、今のチームNらしさを出して、頑張っていきたいと思います!」

その後、『夕陽を見ているか?』の歌唱中に涙する川上。そんな彼女に気付いた太田が優しく頭をポンポンするという激アツなシーンに涙したファンも多いはず。

歌唱後、川上は「皆さんが温かいから、すごく感動して…」と、涙の理由を明かした。

太田が「皆さん、ちっひー(川上)のこと、大好きですよね?ちっひーが涙したままでは終われないので、この曲で盛り上がりましょう!」と煽り、『青春のラップタイム』をパフォーマンス。「たくさんの応援ありがとうございました!」という川上の挨拶で、幕を下ろした。

次回は「NMB48近畿十番勝負2019」渋谷チームM公演レポートです!

NMB48近畿十番勝負2019 川上チームN公演セットリスト

(2019年4月1日オリックス劇場)

overture

M1  焼け木杭

M2  孤独ギター

M3  Pioneer

M4  正義の味方じゃないヒーロー

~MC(自己紹介)

大奥コーナー

M5  恋愛ペテン師

大奥コーナー

M6  美しき者

M7  床の間正座娘

~MC(村瀬・清水・石田・吉田)

M8  Glory days(谷川・河野・菖蒲)

M9  Hell or Heaven(太田・西澤・森田)

M10 シャワーの後だから(吉田・石田・大段)

M11 愛しさのdefense(村瀬・磯・武井)

M12 西瓜BABY(千尋・清水・前田・大田)

~MC(武井・磯・千尋・前田)

M13 ドリアン少年

M14 純情U-19

M15 オーマイガー

M16 北川謙二

~MC(大段・西澤・森田・河野)

M17 欲望者

M18 甘噛み姫

M19 ナギイチ

M20 僕らのユリイカ

M21 高嶺の林檎

M22 ワロタピ―ポー

アンコール

M23 情熱ハイウェイ

M24 君と虹と太陽と

M25 まさかシンガポール

~MC

M26 夕陽を見ているか?

ショートMC

M27 青春のラップタイム

~御礼の挨拶

【取材・文=ポッター平井】

<ポッター平井・プロフィール

構成作家・ライターMBSラジオNMB48のTEPPENラジオ』などを担当。松田聖子さんの“輝き”に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続けるアイドルサポーター。(関西ウォーカー・関西ウォーカー ポッター平井)

オリックス劇場で公演を行った川上チームN