フェデラーは「70~80年代」の落ち着いた配色、米記者がレポート

 テニスの4大大会第2戦・全仏オープンへ向け、ユニクロと契約している男子世界ランク3位ロジャー・フェデラースイス)と同6位・錦織圭日清食品)の新ウェアがお披露目された。米記者がレポートしている。

 ローランギャロスを疾走するフェデラーと錦織の“戦闘服”がお披露目された。米経済誌「フォーブス」などに寄稿し、米国を拠点に活動するティムニューカム氏が自身のツイッターで公開している。

 フェデラーはベージュのシャツに体の両サイドに白の縦ラインが入り、白のパンツは両サイドグレーラインが入り、上下の色を反転させたもの。落ち着いた色合いだ。一方で錦織はカラフルな仕上がり。胸より上はビビットな紫、胸部分に白と黒の縞が入り、胸より下は黄、パンツは緑で、従来から配色をマイナーチェンジさせたものになっている。

 ニューカム氏は「70年代80年代を回帰し、ユニクロローランギャロスでロジャー・フェデラーにベージュの衣服を用意。ケイ・ニシコリはややカラフルだ」とフランスクリストフ・ルメール氏がデザインを手がけ、フェデラーシルエットや色に「大変喜んでいる」と語ったことも伝えている。新たなウェアで2人はどんな戦いを演じてくれるのか。(THE ANSWER編集部)

錦織圭は全仏オープンでは新たなウェアを着用する予定【写真:Getty Images】