Blizzard Entertainmentは北米時間の2019年5月14日,「World of Warcraft」の登場当時の姿が楽しめる,「World of Warcraft Classic」のサービス8月27日に開始すると発表した。

リンクMark Your Calendars: WoW Classic Launch and Testing Schedule
リンク「World of Warcraft」公式サイト

 2004年以来,世界で最も多くの人がプレイするMMORPGとして,15年にもおよぶサービスが続けられてきた「World of Warcraft」。その間,さまざまなアップデートが繰り返され,さらに,いくつもの拡張パックがリリースされて世界を広げてきた。
 「WoW Classic」は,そんな「World of Warcraft」を,「Drums of War」アップデートとして知られる,2006年8月22日に公開されたPatch 1.12が実装された当時の状況で楽しむことができるもの。

 ファンがプライベートサーバーを立ち上げて,“クラシック”な「World of Warcaft」をプレイさせるという活動は以前からあったが,Blizzard Entertainment2016年4月以降,「知的財産権を保護するため」として,そうしたサーバーを次々に閉鎖させてきた。それだけに,「BlizzCon 2018」で「WoW Classic」のサービスが発表されたときは,ファンの多くが驚いたという。
 「BlizzCon 2018」のパネルディスカッションでは,システム変更を追跡したり,過去のアートワークを掘り起こしたり,さらにはソースコードを書き直したりなど,膨大な作業が行われたことが語られており,「WoW Classic」の実現は,Blizzard Entertainmentにとってかなり大きな取り組みだったことが分かる。


 公式サイトによれば,サービス開始に向けて,5月15日からはクローズドβテストが実施されており,さらに5月から7月にかけて,より多数のプレイヤーによるストレステストが行われる予定とのこと。
 現時点で日本での展開は明らかになっていないが,気になる人はぜひ公式サイトチェックしてほしい。

The drums of war thunder once again. World of Warcraft Classic goes live worldwide August 27! ?? https://t.co/Gyrz4hQqcn pic.twitter.com/WxuOZZhNak

World of Warcraft (@Warcraft) 2019年5月14日


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/006/G000612/20190516086/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
・PC World of Warcraft

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)2005 Blizzard Entertainment. All rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

登場当時の姿が楽しめる「World of Warcraft Classic」の正式サービスは,2019年8月27日にスタート