2019年5月16日、韓国ウォンの対ドル相場は一時1193.39の安値を付けた。2017年1月11日1196.40の安値を更新しそうな勢いだ。

 韓国政府も市場介入し必死にウォン買いを行っているようだが、ウォンの売り圧力が強くウォン売りの流れは止まらない。

 背景には、貿易収支の悪化や、韓国の国際的な信用度の低下があり、各国が協調介入しウォン相場を安定させようとの動きは無い。専門家は「1アメリカドル、1200ウォン台を付けるのは近日中」と見ている。

韓国の国旗