山下美月と萩原利久がW主演を務める木ドラ25「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(毎週木曜夜1:00-1:30ほか、テレビ東京ほか)に、山中崇と市川理矩がゲスト出演する。

【写真を見る】教師・松井(岡田義徳)に軟禁されているマイ(山下美月)

本作は、桂正和の代表作「電影少女」を原作に、山下演じるビデオガール・マイによって道を踏み外していく高校生・叶野健人(萩原)の姿を描く。

山中は、由那(武田玲奈)の映画デビュー作品の監督役を、市川は、学校の教師・松井直人(岡田義徳)の青年時代を演じる。

■ 市川理矩のコメント

電影少女―」という作品に関わらせていただけたことをとてもうれしく思っています。25年前、松井直人の過去に何があったのか…その大切な部分を演じさせていただきました。松井青年の登場をぜひ楽しみにしていてください!

■ 第7話のあらすじ

健人の部屋から姿を消したマイは、学校の教師・松井(岡田)に軟禁されていた。

松井はこれまで学校で起きた不可解な事件や、過去に自分の身に起きたある事件をマイに聞かせ、マイが忘れていた記憶を思い出させようとする。

一方、健人は、由那が家に来たときからマイのビデオパッケージがなくなっていることから、マイを消したのは由那の仕業だと責め立てる。(ザテレビジョン

市川理矩が松井(岡田義徳)の青年時代を演じる