ますます、影響力を強めるSNS。昨今では芸能人や各界の著名人がSNSで発信することも多くなりました。

sns
※画像はイメージです。(C)Kaspars Grinvalds
 5月12日放送のトーク番組『ボクらの時代』では、橋本環奈さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、最上もがさんが出演。そこで、橋本さんときゃりーさんの「ネット上の誹謗中傷」に関するやり取りが話題になっています。

 きゃりーさんが「環奈ちゃんはすごくガッツがあるというか、例えばバッシングを受けたとしても全然余裕」と発言すると、それに対し、橋本さんが「気にしなきゃいいじゃんっていう人もいるじゃないですか。けど、じゃあ言われてみてと思いません? 気にしないようにはしてるけど、傷つくよ」と本音をポロリ

 こうしたネット上のアンチたちに対し、SNSを利用する芸能人たちはこれまでどのような対応をしてきたのでしょうか。ここでは過去の事例を紹介していきます。

1)石田ゆり子:炎上を“大人なユーモア”でかわす

石田ゆり子
Lily ――日々のカケラ――』(文藝春秋
 2016年10月、話題ドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』に出演したことをきっかけにInstagramアカウントを開設したのが、石田ゆり子さん。愛犬や愛猫を交えたほのぼのとした日常の写真を投稿し、約180万人ものフォロワーを抱えています(執筆時点)。

 そんな石田さんのアカウントが炎上してしまう事態になったのが、2018年5月7日

「手に取るものすべてを、それは~です それ、わたしも持ってます それは素材が~~… と それはやはりちょっと疲れてしまう」と、アパレル店スタッフのやや“熱心すぎる”接客に対する思いを吐露。共感の声も多かったものの「店員だって仕事でやっている」「自分の影響力を考えて」などの批判が殺到。すでに投稿は削除されていますが、賛否両論含めコメントの数は4000件とも。

 石田さんにも思うところがあったのか、専用の写真加工アプリを使った動画を投稿。飼い猫のハニオくんが「いらっしゃいませ~、ハニオの店にようこそ。ごゆっくり、ご覧ください。あっ、それはね、僕が大好きなやつなの。それは買っちゃいけないやつなの。あっそれを買ったら僕にかっこいいおやつをあげなきゃいけないやつなの……」と接客トークをする内容でした。

-



 炎上騒動をユーモアに変える大人な対応。真意はわからないものの、この投稿には批判が寄せられていないところを見ると、石田さんのほうがアンチよりも一枚上手だったと言えるかもしれませんね。

2)渡辺直美:アンチ対応で好感度爆上がり

渡辺直美
※渡辺直美オフィシャルブログより
インスタの女王”とも呼ばれ、そのフォロワー数は800万人以上の渡辺直美さんローラさんや水原希子さんなど並み居る芸能人を抑え、国内ではダントツの1位です。昨今ではアメリカの『TIME』誌で2018年に「ネットで最も影響力のある25人」に選ばれ、その影響力は国内だけにとどまりません。

 そんな渡辺さんが炎上騒動に見舞われたのは2018年9月のこと。

 2018年9月14日にGUCCI東京青山店のリニューアルパーティーに参加し、GUCCIのバッグやジャケットを身にまとった姿がGUCCIの公式Instagramにも掲載されました。性別や外見を超えた多様な美の在り方を追求する流れが進みつつある近年ですが、世界中から寄せられたのは渡辺さんの体型を揶揄したバッシングでした。

-



 しかし、渡辺さんは感情的にならず冷静に大人の対応をしました。騒動の数日後に自身のInstagramで「みんな私の魅力にびっくりした様子? まだ2%しか出してないのに痺れちゃったのね、まだまだこれからよ、GUCCIさんありがとうございます」と投稿。逆に器の大きさを見せつけるかたちとなり、渡辺さんへの世間の評価がアップした出来事でした。

3)ダレノガレ明美:インスタのストーリーでアンチに苦言

-



 とはいえ、ネット上のやり取りは一方通行になりがち。世間をにぎわす芸能人なら、なおのことでしょう。場合によっては渡辺さんのようにうまく対応しきれないことも――。

 モデルタレントとして活躍するダレノガレ明美さんの投稿が炎上騒動に発展したのが、2018年9月のこと。

 2017年の末に自身のアパレルブランドCAROME.(カロミー)」を立ち上げたダレノガレさんですが、「単なる名前貸し」「適当に素材を選んでいる」といったネット上に寄せられた批判に対し、Instagramストーリーにて「いやー本当に嫉妬する人ほど頑張っている人を非難するのね!」と投稿。この投稿に対して、ユーザーからは理解を示す声もあった一方、さらなる非難の声も殺到。

 有名人・芸能人だからという理由で、SNSでの冷静な対応が求められる現状はやや窮屈にも感じますが、そんなかでも、ダレノガレさんのSNS上での振る舞いはたびたび話題になっています。

 今年5月14日Twitterで「久しぶりに会った人が顔が全然ちがくなっていてわぁーってなったけど、言わない方がいいんだよね? 聞かない方がいいんだよ笑」と投稿。「とても失礼」「煽っているようにしかみえない」などの声が寄せられています。

4)野村周平:アンチの“晒し行為”に真っ向反論

野村周平
side 』(ワニブックス
 つづいて、Twitterでたびたび炎上騒動が話題となっている俳優の野村周平さん。直近で話題となった投稿を紹介します。

 事の発端は2019年1月にとあるTwitterユーザーが投稿した、野村さんの“歩きたばこ動画”。この投稿を知った野村さんは「歩きタバコ? 盗撮だろその前に」と反論。確かに、この投稿者の行為は、肖像権の侵害や、プライバシーの侵害などにあたるかもしれません。

 しかし、歩きタバコ自治体によっては条例違反となり、罰金を科されることもあります。当該ツイートには「同じ喫煙者として一緒にされたくない!」「どんどん喫煙者の肩身が狭くなる」など非難のコメントが数多く寄せられる事態になりました。

 とはいえ、みんなが監視し合って叩き合ってビクビクしているSNS社会で、ホンネをぶちまける野村周平のようなキャラは、ちょっと爽快でもあります。

一般人でも、ふとした投稿で炎上に

 いつでも、どこでも気軽に投稿でき、ネット上にいる無数の人に情報を発信できるSNS

 今回紹介したのはあくまでも知名度の高い芸能人の事例ですが、まったく無名の個人でも、なにげない投稿をきっかけに、こうしたネット上の悪意、あるいは“正義”にさらされ、炎上しまうケースも少なくありません。

 芸能人たちのふるまいを参考に自身のSNSでの身の振り方を考えてみたもいいのかもしれません。

TEXT/bizSPA!取材班>

【bizSPA!取材班】

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

※渡辺直美オフィシャルブログより