ANAが、成田空港パナソニックパーソナルモビリティ(自動追従電動車いす)を実証実験。飛行機を乗り継ぐ人を対象にしたもので、車いすが自動追従機能を使って隊列走行します。

係員が操作する車いすを自動追従

ANA全日空)とパナソニック2019年5月16日(木)、シニア世代の移動をサポートするパーソナルモビリティ(自動追従電動車いす)の実証実験を成田空港で行うと発表しました。

同空港で飛行機を乗り継ぐ人を対象にしたもので、パナソニックがWHILL株式会社と共同開発している自動追従電動車いすを使用。係員が操作する車いすに、ほかの車いすを追従させる検証を、利用者の視点で行うといいます。

ANAは実証実験を通じて、移動に不安がある利用者の負担を減らす新しいサービスの検討を行うとともに、このパナソニック製自動追従電動車いすについて、ほかの用途での活用も検討していくとしています。

パナソニック製の自動追従電動車いすを使った実証実験のイメージ。最高速度は4km/h(画像:ANA)。